2020年 8月 14日 (金)

石原さとみ「アンサング・シンデレラ」に薬剤師が賛否激論!「仕事を温かく取り上げてくれて嬉しい!」「出しゃばり過ぎであり得ない」「医師・助産師をバカにしている」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「薬剤師が主人公の初の医療ドラマ」と銘打った石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第1話が16日(2020年7月)に放送され、平均視聴率が10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。

   ただ、ヒロインの病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、医師や助産師、看護師顔負けの大活躍で患者を救う「スーパー薬剤師」として描かれており、当の薬剤師をはじめとする医療関係者から「薬剤師の仕事を温かく取り上げてくれて嬉しい」と称賛の声が上がる一方、「医師や助産師が無能すぎて、あり得ない展開だ」と怒りの声があがるなど、激しい賛否両論が起こっている。

  • 「アンサング・シンデレラ」(フジテレビの番組ホームページより)
    「アンサング・シンデレラ」(フジテレビの番組ホームページより)
  • 「アンサング・シンデレラ」(フジテレビの番組ホームページより)

「薬剤師が病気を見つけるって...医師と助産師が無能すぎる」

   主人公の葵みどりは、人手不足の萬津(よろづ)総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。内科・小児科・産婦人科など複数の診療科を持ち、入院患者、外来患者や急患にも対応する業務に追われている。それでもみどりは調剤室にこもることなく、積極的に病棟へ足を運び、患者と触れ合う。新薬が出れば、必ず味見をする薬オタクの勉強家という熱血薬剤師だ。

   第1話は、みどりと副部長の瀬野(田中圭)が救急搬送された患者への投薬をサポート。そんな中、患者が心肺停止に。みどりが心臓マッサージ(心マ)を手伝う一方、患者が持っていた薬に気付いたのがきっかけで心拍が回復。その様子を新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)が見ていた。薬剤師が患者を救うことにくるみは感動するが、患者の家族は医師にしか感謝をしない。くるみは、みどりにそのことを聞くと「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と言われる。「アンサング」とは「褒められない」という意味なのだ......という展開だった。

   そんな「褒められない薬剤師」の大活躍を描く展開に、ネット上では現役の薬剤師や医療関係者からたくさんの意見が寄せられた。まずは、薬剤師以外の人々からの批判の声を紹介すると――。

   「いくらなんでも、血圧を測ったりするのはやりすぎ。禁忌とか処方ミスを見つけるのはわかるけど、薬剤師が病気を見つけるって、一番患者と長く接しているのは看護師でしょ。医師も看護師も助産師もみんなボンクラ扱いなの?薬剤師は服薬指導の時くらいしか患者と接しないのに、無理ありすぎ!」

   「医療関係者が見たら腹が立つドラマ。現実離れしすぎ。調剤で忙しい時に患者さんを探し回るとか、普通ありえない。越権行為も甚だしいでしょ。薬剤師がここまでする訳がない、ってか、しちゃいけない!そりゃ医師も怒るわ。こんなデタラメをテレビで流していいわけ?」

   「私助産師ですが、妊娠高血圧でHELLP(ヘルプ」症候群に気付かないとしたら、助産師辞めた方がいいと思います。胃痛がある時点で『ん?』って思って医師に言います。担当が聞く耳を持たないなら、上の医師に言います。頭痛までほっとくのは助産師失格だと思います。妊婦にロキソニン処方になった時点で、薬剤部に取りに行く前に看護師、助産師が気付きますよ。スーパー薬剤師というよりヘボ助産師の回でしたね。あんまり現場を分からず描いて欲しくないなぁ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中