2020年 12月 1日 (火)

三浦春馬さん早すぎる死に若者の自殺連鎖心配!志らく「おとなしく見送ろう」と言いつつ、番組で大きく取り上げる

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   18日(2020年7月)に都内自宅マンションで三浦春馬さん(享年30)が自殺した。「突然の訃報でした」と司会の国山ハセン。9月から始まる新しいドラマの制作にかかっており、SNSのインスタグラムでも明るい表情で語りかけていた。

   番組冒頭のVTRでは、三浦さんのデビュー当時から最近のSNSでの投稿まで、さまざまな映像で優しく誠実な人柄を振り返った。

映画「恋空」が大ヒットした台湾では4大新聞が大報道

tv_20200720110035.jpg

   海外でも訃報が報じられ、とくにファンの多い台湾では、4大新聞社が芸能面で一面全部をつかって大きく取り上げた。三浦さんが出演した映画「恋空」が台湾で大ヒットし、若者に人気だからだ。台北市民で街頭インタビューすると「あまりに急で衝撃」「とても悔しい」と悼む声が聞かれた。

   なぜ自殺したのかはわからないが、司会の若林有子アナがスポーツニッポンの記事を紹介。自宅から見つかったメモ帳の紙に、仕事への思いや役者論が詩とともにつづられ、その中の一枚に「死を考えている」との書かれていたという。周囲は3年ほど前から三浦さんの変化を感じ取り、劇的に酒量が増えていたことも語っている。

   国山ハセン「最近はSNS上でも炎上があったそうです」。

   仕事関係者によると、芸能人の不倫騒動時に三浦さんが「みんなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」とツイッターで投稿すると、900件の批判があったという。

   キャスターの立川志らく「なぜ、というのが頭に浮かぶでしょう。でも気を付けなければいけないのは、コロナ禍の状況で(精神的に)不安定な若い人もたくさんいる。あまりセンセーショナルに扱わず、おとなしく見送ってやるのが正しいやり方だと思いますね」と若者への影響を心配した。

   伊沢拓司(WEBメディア運営会社代表)は、報道に影響され自殺の連鎖が起こる「ウェルテル効果」を取り上げ、「WHO(世界保健機構)が、過度に報道を繰り返さない、動機を単純化してはいけない、などのガイドラインを決めています。我々も注意したいですね」

文・ムギ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中