2020年 11月 30日 (月)

コロナ感染拡散が止まらない!マスク義務化など強い対策急げ―この4連休の次はお盆休みで蔓延

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの感染拡大はきのう23日(2020年7月)、全国で最多の981人、東京など1都10県でも最多を更新した。日本感染症学会指導医の水野泰孝さんは、「なんらかの対策が必要」という。では、何ができるか。一つの手がかりがクラスターだと、分析を試みた。

   7月20日までに発生したクラスターは444件だが、5月20日までの262件とその後の182件を比べると、場所がはっきり変わった。前半と後半を比べると、医療機関が93件から32件、福祉施設が59件から17件と減ったのに対して、飲食店が23件から67件に急増、その他が87件から66件だった。

会食クラスターが急増

   司会の加藤浩次「クラスターを圧縮しないといけないということです」

   水野さん「職場というより、外での感染です」

   大畑大介(ラグビー元日本代表)「しっかり対策をすれば、減らせるんですよね」

   菊地幸夫(弁護士)「東京の300人台というのは予測できましたよね。マスク着用を義務とするとかしないと、400人、500人というのもありうる」

   水野さん「新規感染は人の動きの1週間、2週間後に反映しますから、お盆もあることだし、対策が必要です。でないと4桁になります」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中