2020年 11月 30日 (月)

「私の家政夫ナギサさん」肥後先生まで恋バトル参戦に批判の声!「四角関係はやめて」「原作のナギサは西島秀俊のイメージなのに」「多部未華子、服に着られてる感がスゴイ」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   多部未華子が主演を務めるTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第3話が21日(2020年7月)に放送され、12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をキープした。

   ヒロインの製薬会社MR相原メイ(多部)の恋路に、営業先のクリニックの医師・肥後(宮尾俊太郎)が参入するという意外な展開に、ネット上では「ええっ四角関係に!?」「ホンワカ癒されたいのに、ベタなラブはやめて!」といった反響が殺到している。

  • ナギサさんを正式の家政夫に(TBSの番組ホームページより)
    ナギサさんを正式の家政夫に(TBSの番組ホームページより)
  • ナギサさんを正式の家政夫に(TBSの番組ホームページより)

「嫌な登場人物が出ず、ホッコリと観られるドラマがありがたい」

   物語は、部屋のなかで滑ったメイを家政夫のナギサさん(大森南朋)が抱きかかえたところにメイの母、美登里(草刈民代)が現れる。「なぜオッサンの家政夫が?」といぶかる美登里に、家事が苦手だと告白するメイだが、美登里の「仕事も家事も頑張りなさい。メイならきっとできる!」という呪縛の言葉に、「今日から生まれ変わる!」と仕事と家事の両立を目指そうと奮闘する。

   しかし、うまくいかず、自分を追い込んだあげく睡眠不足とストレスによる過労で倒れてしまう。結局メイは、ナギサさんを正式に家政夫として迎え入れる。一方、ナギサさんは、美登里が「メイが自分に似て家事ができないことをショックだ」と語ると、「できるところだけじゃなくて、できないところも見てください」とアドバイスする...という展開だった。

   ネット上では、そんなナギサさんの言葉に癒されるという絶賛の声であふれている。

   「『頑張るのはいいですが、体を壊しては元も子もありません』『私ではなく、 お母さんが側にいるべきです』。ナギサさんに改めて言われて、じーんときました。薄口のおじやを食べるメイさんと、それを見守るお母さん、良かった。下手でも お母さんの作った料理っていいんだね。ちょっと安心しちゃった」

   「ナギサさんのほうがよっぽどメイちゃんのお母さんになってほしい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中