2020年 11月 30日 (月)

<爆笑問題のシンパイ賞!!>(テレビ朝日系)
カネもなければ歯もない芸人「錦鯉」長谷川の衝撃生態「僕、丸飲み派なんですよ」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   フリーアナウンサーの新井恵理那が進行を務め、お笑い第3~4世代の「爆笑問題チーム」と、お笑い第7世代の「霜降り明星チーム」が、いろいろ心配になってしまう人たちをリポートして対決する番組だ。しかし、新型コロナの影響で一般人とのロケがしづらくなって、心配な芸人そのものをフォーカスした企画をスタートさせ、さらに面白さを加速させている。

   7月24日(関東地区)の放送では、霜降り明星チームは「かが屋」が紹介する同じマセキ芸能社所属の「赤もみじ」と「サスペンダーズ」、爆笑問題チームは2人揃って40代のベテラン若手?芸人「錦鯉」が登場。

  • 「爆笑問題のシンパイ賞!!」(テレビ朝日のホームページより)
    「爆笑問題のシンパイ賞!!」(テレビ朝日のホームページより)
  • 「爆笑問題のシンパイ賞!!」(テレビ朝日のホームページより)

「R-1ぐらんぷり」出場料2000円を後輩から借りたが、途中の弁当代に消えて出場できず

   赤もみじの「(採れたてイチゴを)何でジャムにしたん!?」一辺倒のネタ、サスペンダーズの遅刻してタイムカプセルを埋め損ねたネタ、どちらも今まで見たことのない切り口で俊逸だった。プライベートの人間性のシンパイな所も面白かったのだが、後半登場のおじさん芸人・錦鯉が全てをかっさらう展開に。

   錦鯉の漫才「合コン」では、長谷川はこの歳にしておバカ全開キャラで声量が若手のそれだ。ギャグのセンスは彼が子供時代に見ていたであろう3~40年前のギャグマンガという感じ。それに対する相方・渡辺の斜に構えたキツいツッコミがちょうど良くハマる。

   渡辺は42歳・芸歴21年目で、長谷川は48歳・芸歴26年目。しかし結成はまだ8年なので、結成15年目まで出場できる「M-1グランプリ」は長谷川の場合56歳がラストイヤーだという話がまず衝撃的。

   以前番組で長谷川が後輩芸人から300円借金したというシンパイなニュースを取り上げていたが、長谷川は金もないが歯もないとのことで、奥歯が溶けて5本もないらしい。太田がせいやの例の事件にかこつけて「おかき食べるときどうするの?」と聞くと「濡らして溶かす」。更に続けて「だから結構僕、丸飲み派なんですよ」。「丸飲み派」なんて言葉初めて聞いた。せいやからは「ヘビですやん!」と言われる。

   また相方の渡辺によると、身の回りのことも全然できないらしい。「R-1ぐらんぷり」に出場しようとしたとき、出場料が2000円なのだが、お金がなかったので後輩から2000円を借りた。ここまででもヒドイが、さらに道のりでつい弁当を買っちゃって結局R-1に出場できず!ウソみたいなエピソードだ。

   新井の判定で、よりシンパイだったのは錦鯉を擁する爆笑問題チームに。尚、この2020年秋から日曜よる9:55~の放送に昇格することが発表されているが、こんなシンパイなおじさん芸人たちがプライムタイムを席巻するかと思うとなんとも胸熱である。(7月24日(金)深夜0:50放送)

鯖世傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中