2020年 10月 27日 (火)

「麒麟がくる」坂東玉三郎が正親町天皇役でテレビドラマ初出演!「映像は初めてなので大変緊張しております」 8月30日から放送再開

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   NHKは14日(2020年8月)、8月30日から放送を再開する大河ドラマ「麒麟がくる」の後半戦「京~伏魔殿編」の新キャスト10人を発表した。歌舞伎界当代きっての女形、坂東玉三郎(70)が第106代天皇・正親町(おおぎまち)天皇役を演じる。

   玉三郎は、大河ドラマはもちろん、テレビドラマに出演するのは初めてだ。玉三郎演じる正親町天皇は、上洛した織田信長(染谷将太)と絶妙な距離を保ちながら、没落した朝廷の存続を図るという役どころだ。

  • 坂東玉三郎と井本彩花(NHKの「麒麟がくる」番組ホームページより)
    坂東玉三郎と井本彩花(NHKの「麒麟がくる」番組ホームページより)
  • 坂東玉三郎と井本彩花(NHKの「麒麟がくる」番組ホームページより)

国民的美少女グランプリの井本彩花が信長の妹・お市に

   NHKを通じて、こうコメントしている。

   「今回初めてNHK大河ドラマの『麒麟がくる』に出演させていただきます。大変恐れ多いことなのですが、お役は正親町天皇を演じさせていただきます。私はドラマの映像に出演させていただくのは初めてなので、大変緊張しております。出演者の皆様は映像に慣れている方々なので、その中で私がどんな役作りができるのかということを今考えている最中でございます。一生懸命務めさせていただきます」

   ほかに「第15回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの井本彩花(16)が信長の妹・お市に、陣内孝則(62)が堺の豪商・今井宗久、片岡鶴太郎(65)が幕府政所頭人・摂津晴門、春風亭小朝(65)が天台座主(比叡山延暦寺住持)・覚恕法親王、駿河太郎(42)が戦国大名・筒井順慶、小籔千豊(46)が二条家当主・二条晴良、手塚とおる(58)が朝倉景鏡、金井浩人(28)が小谷城城主・浅井長政、一ノ瀬颯(23)が足利義輝(向井理)のいとこ・足利義栄を演じる。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中