2020年 10月 30日 (金)

あさイチスタッフも3人感染確認! 「相当対策をやってたのに...」それでもかかる新型コロナ!改めて気をつけるべきポイントは?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   近江友里恵キャスターが夏休みということで、きょう17日(2020年8月)のあさイチは小林孝司アナウンサーが進行を務めた。

   8月に入ってあさイチの制作スタッフから新型コロナウイルス感染者が3人確認されたことを受けて、小林アナが「今回の感染についてこれまでわかっている事実をお伝えするとともに、感染対策について気をつけなければならない注意点、工夫について改めてお伝えしていきます」と切り出した。

   博多大吉キャスターが「フォローするわけじゃないけど、感染しないように相当(対策を)やってるよね、この番組の裏方の皆さんは。あれだけ気をつけてかかっちゃうんだと思いました。どこかに落とし穴があったのかな」と首をかしげたが、東邦大学の小林寅喆(いんてつ)教授によると、万全と思えた対策にも綻びがあったという。

打ち合わせ計5時間以上、マスク、アクリル板でも防ぎきれない「飛沫感染」

   感染したスタッフAに症状が出る前日の7月31日、AとスタッフB(8月7日に感染発覚)が、打ち合わせスペースの出入口から一番遠い、部屋の奥のテーブルで打ち合わせをしていた。テーブルにはアクリル板が立てられ、二人はマスクをした上、距離が保てるよう、Aが出入口側、Bが部屋の最も奥の斜めの位置に座っていた。

   中川安奈アナウンサー「あさイチでは打ち合わせは基本的にリモート会議で行っていましたが、この日はロケが近づいていたので職場で顔を合わせて準備を行いました。断続的にですが、打ち合わせにかかった時間は合計5時間を超えていました。在宅勤務が原則なのでBが出局したのは半月ぶりだったのですが、出勤しないとできない業務がたまっていたこともあって長時間になってしまったということです」

   この状況下で、小林さんは「飛沫感染」の可能性を指摘する。マスクとアクリル板は直接飛沫を浴びるのを防ぐ効果はあるが、マスクの隙間から出るような極めて小さな飛沫は防ぎきれない。長時間一緒にいることで、その小さな飛沫を吸い込むリスクも高まる。

   中川アナ「さらに指摘されたのが、暑さ対策として置いていた扇風機です。扇風機を置いていたのがAの斜め後ろで、風がBの方に向かって流れていました。しかも感染対策のために各テーブルの境にパーテーションを置いていたんですが、それによって空気の流れが悪くなり、極めて小さな飛沫がBの周りにとどまっていた可能性が高いというんです」

   小林さん「新型コロナウイルス感染症の特徴として、症状が出る前日もしくは2日前くらいからウイルス量がピークになると言われているので、部屋の角には相当なウイルスが充満をしてしまったと考えられます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中