2020年 10月 30日 (金)

米倉涼子、スピンオフドラマ「ドクターY」(テレ朝系)に出演決定、独立後初、主演・勝村政信で今秋放送。米倉投入で視聴率アップなるか...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   テレビ朝日系の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」のスピンオフドラマ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」に、米倉涼子(45)が出演することが決まった。米倉は27年間所属した芸能事務所「オスカープロモーション」を3月末に退社しており、今回が独立後初のドラマ出演となる。

   この夏は自粛生活によりテレビドラマの視聴者が増えており、TBS系「半沢直樹」は平均視聴率が連続20%超えを記録する「一人勝ち」状態になっている。他局も負けてばかりいられず、テレ朝はスピンオフながらも米倉の出演で視聴率アップを狙う。コロナ禍の中、ドラマの視聴率戦争はこれからも激化しそうだ。

  • 米倉涼子の出演が決まった「ドクターY」(テレ朝POSTより)
    米倉涼子の出演が決まった「ドクターY」(テレ朝POSTより)
  • 米倉涼子の出演が決まった「ドクターY」(テレ朝POSTより)

加地の愚痴の聞き役だが、治療のヒントを与える

   「ドクターY」は2016年に始まった勝村政信主演のスピンオフシリーズで、今回はその第5弾となる。東帝大学病院を追われ、私立の名門・成鏡大学病院に客員准教授として招かれた加地秀樹(勝村)は、バスケットボール界スーパースターの手術をサポートするために呼ばれたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)と再会。東帝大に復帰したい加地は、この機を利用して足がかりを作ろうと画策する。香坂隆史が脚本、山田勇人が演出を担当した。

   米倉は本作のドクターX・大門未知子役で出演。神原晶役の岸部一徳とともに加地の愚痴を聞き、治療に関するヒントを与える役どころで登場する。

   米倉が大門を演じるのは、独立前の昨年10~12月に放送された「ドクターX」最新シリーズ以来。米倉は「まだそんなに長い時間がたった気もしないし、何の違和感を覚えることもなく未知子になっています。自分でもびっくりしちゃう」とコメントしている。

   ドクターXは2012年にシリーズが始まって以来、6シリーズ続いている米倉の代表作。平均視聴率は安定して20%前後を取っており、2019年最新シリーズの全話平均視聴率は、同年に放送された民放ドラマで最高の18・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中