2020年 11月 29日 (日)

びっくり!「やかん食中毒」、スポーツ飲料と水垢が反応し毒素に...大分の高齢者施設で患者13人。水筒のさびや傷でも起きるぞ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「熱中症対策でスポーツ飲料を飲む方は多いと思いますが、入れ物には注意が必要です」ときょう19日(2020年8月)の「モーニングショー」で司会の羽鳥慎一が伝えたのは、大分で発生した"やかん食中毒"だ。やかんに入れていたスポーツ飲料を飲んだ13人が急性食中毒になるという出来事が、先月6日(2020年7月)、大分県の高齢者施設で起きた。やかんの内部に付着していた水あかに、水道水に含まれる微量の銅が蓄積しており、それが酸性のスポーツ飲料と反応して溶け出したことが原因だという。

炭酸、乳酸菌、果汁などが入った酸性飲料は入れ物に注意を!

tv_20200819111413.jpg

   これを受け、厚生労働省は、やかんや水筒など金属製の容器でスポーツ飲料などを飲む際には注意するようツイッターで呼びかけ始めた。注意が必要なのは、スポーツ飲料や炭酸飲料、乳酸菌飲料、果汁飲料など酸性の飲み物で、容器の内側に傷がついている場合が危険なのだという。水筒でスポーツ飲料を安全に飲むには、「内部にさびや傷がないか確認する」「長時間入れたままにしない」「定期的に新しく買い替える」の3点に気を付ける必要がある。

   ポカリスエットを製造・販売している大塚製薬の担当者は「金属製容器でポカリスエットを保存することは、基本的に推奨していません。スポーツ飲料対応の水筒はOK」と話す。象印マホービンの担当者は「最近の水筒の内部はフッ素加工がされているので、スポーツ飲料を入れてもOKです。その日のうちに洗うことで、より安全に使えます」という。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「知りませんでした。びっくりしましたね」

   羽鳥「スポーツ飲料ってアルカリ性なのかと思ったら、酸性なんですね。アルカリ性になるのは体に入ってから、ということも知りませんでした」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中