2020年 11月 29日 (日)

藤井聡太二冠、歴史に残る「すごい封じ手」加藤ヒフミンも「AIがいかに隆盛でも、芸術的な一手で将棋界を沸かせて」と大感激

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   将棋の藤井聡太棋聖(18)が20日(2020年8月)、王位戦第4局で木村一基王位(47)を破って史上最年少で王位、棋聖の二冠を獲得し、八段に昇格した。その2日間にわたる対局で見せた「封じ手」がすごかった。ファンからは「衝撃的」の声も上がった。

   封じ手は第1日目の最後に一手を紙に書いて立会人にわたしておき、翌2日目はここから戦いが再開されるルール。そこで藤井は「8七同飛成」。相手の銀をとったが、すぐにその飛車をとられた。自分の飛車と相手の銀を刺し違える超強手だ。

自分の飛車と相手の銀を刺し違える超強手だ

tv_20200821110009.jpg

   永世名人の森内俊之九段は「銀の倍の価値はある飛車を捨てたが、その後に形勢を盛り返す先を読んでの一手。度胸がないとできない」と評価した。SNSではファンから「まさかの攻撃的一手」「将棋史に残る封じ手」と驚嘆や称賛がつづいた。

   司会の加藤浩次「いやあ、すごいですね」

   菊地幸夫(弁護士)「飛車は手元で最大の武器として使いたいコマですもんね」

   大畑大介(ラグビー元日本代表)「常識にとらわれない強さがあります」

   藤井二冠の誕生に、羽生善治九段は「将棋界のフロントランナーとして活躍してもらいたい」、加藤一二三九段は「AIがいかに隆盛でも、芸術的な一手で将棋界を沸かせてほしい」とコメントを寄せた。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中