2020年 10月 31日 (土)

淡路島移転のパソナ代表は「拒んでもマイナスはない」というが...社員寮は月2500円から3000円、社宅も造る予定だ

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   東京から瀬戸内海の淡路島(人口13万人)への本社機能移転を決めたパソナグループの南部靖之代表に話を聞いた。「コロナ問題が社会のあり方を変えた」「社員が拒んでもマイナスはない」という。

   パソナグループは社員約2万人で、東京・大手町の本社には4600人がおり、人事や企画、経理部門の1800人中1200人を2023年度までに淡路島に移す予定だ。

   「すでに実家を売った」という南部代表は島のオフィスからリモートインタビューで大竹真リポーターの質問に答えた。「コロナに3、4人がかかれば会社の機能が止まると考えると、機能分散化するほうがいい」「テレワークで高い家賃の首都圏でなくても仕事はできる」と語った。

管理職以外は希望を尊重し、転居費は会社が出す

tv_20200903110153.jpg

   なぜ淡路島かは、2008年のリーマンショックのときに若者向けの支援事業をしたのが縁で、家賃が東京の10分の1と聞き、「え、待てよ。今まで何をしていたんだ」と思ったそうだ。計画をきのう2日(2020年9月)、全社員に告知した。

   「東京に残りたい人もいるはずで、拒否した人は出世コースからはずれるのか?」の質問には、南部代表は「給料減や出世的なことはまずない」と答えた。管理職以外は希望を尊重し、転居費は会社が出す。社員寮は月2500円から3000円で、社宅も造る予定。「デメリットはないのか」の問いには、「5G通信が島は弱い」と述べた。

   近藤春菜(お笑い芸人)「魅力的だけど、職種によりますよ」

   司会の加藤浩次「いいなあと思う人と、いやだなあという人がいるだろうな」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「経済効果は確かにすごい。ただ、この10年で、本社が東京から出ていくケースより、入ってくる方が実は多い(転出246社、転入312社)。リモートワークなら移転しなくても本社を小さくする方向に進んでいます」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「日本中に人が分散できるかは夢物語。個人的には東京や大阪の街にいたいなあ」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中