2020年 11月 27日 (金)

<アメトーーク!>(テレビ朝日系)
勢いに乗る若手女芸人5組、芸風をしっかりアピール!「第7世代」で羽ばたこうとする若手の悩みや苦労がよくわかり、とてもよくできた回だった!

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   「若手女芸人2020」と題して、いま勢いに乗るガンバレルーヤ、3時のヒロイン、納言・薄幸、ラランド・サーヤ、ぼる塾の5組が集結。陣内智則をゲストに迎え、若手女芸人だからこそ感じている悲喜こもごものエピソードを披露した。

   「憧れている芸人」「今ココがやりにくい!!」などのトークテーマも設けられた中で、もっとも見逃せなかったのは「若手女芸人の芸風&ポジション」。縦軸に「見た目インパクト」「キレイ系」、横軸に「リアクション」「トーク・ネタ」と記された表があり、すでにオアシズや森三中、ハリセンボン、平野ノラなどの先輩女芸人の名札が置いてある。それをもとに自分たちは今どこに位置するのかを見ていく。

   しかし、それを見たラランド・サーヤは「4~5年前だったら平気で『ブサイク』と書いていた。それを『見た目インパクト』に変えたところに成長は感じる」と評価しつつも、「そもそもこういう表自体が良くない。考え方が古い」と批判したところから議論が白熱していく。

  • テレビ朝日、番組ホームページより
    テレビ朝日、番組ホームページより
  • テレビ朝日、番組ホームページより

先輩たちが作り上げてきた土台や変遷もわかった

   3時のヒロイン・福田が「サーヤちゃんのこういうお笑い界を変えていこうっていう考え方に、女芸人は体当たりやインパクトがないとアカンという自分の考えを改めるようになった」と賛成する一方で、体当たり芸最前線をいくガンバレルーヤ・よしこは、「森三中さん、モリマンさんたちが作ってきてくださった笑いを私たちは継承していかなきゃならないんですよ!」と猛反発する。

   これに対し、ぼる塾・あんりは「ぼる塾は身体張るのNG、水着NG。サーヤさんと思想は一緒」、薄幸も「ブスにはなれないじゃないですか、そしたらどんどんきれいになっていかないと無理なんですよ」と基本的にはサーヤの意見に同調する。

   最後にサーヤから「本当に心からやりたいんですか?好きな人の前で下ネタできますか?」と問い詰められたよしこは、「できない・・・」と切なく首を振り、「サーヤさんの一撃にはかないません」とついに白旗を上げた。

   どこまで綿密な台本があったのかわからないが、それぞれの芸風をしっかりアピールしつつ、先輩女芸人たちが作り上げてきた土台をベースに「第7世代」として羽ばたこうとしている若手たちの悩みや苦労、そしてお笑い界の変遷がよくわかる、とてもよくできた回だった。

   いじる方は「ブス、ブサイク」とはもう気軽にいじれない、いじられる方も「逆にかわいい」といじられて戸惑っているというこの時代。お笑い芸人の美醜について、未来は何がスタンダートになっているのだろう。5年後くらいにまたこの企画をしてほしい。(テレビ朝日:9月10日(木)23時15分放送)

バード

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中