2020年 11月 25日 (水)

東京湾でなぜかマダコが入れ食い状態!釣り船の14人、3時間で53杯も釣り上げる「タコバブル」だ!雨が少なく塩分濃度が高くなったからか...?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   東京湾では珍しいマダコが、今年はなぜか入れ食い状態だという。マダコは、味や希少性から「東京湾の宝石」と呼ばれている。「モーニングショー」の取材陣がおととい19日(2020年9月)、実際に釣りに行ってきた。

   午前8時から開始したところ、同じ船に乗っていた男性は5分でタコを釣り上げた。釣り竿を持つのは生まれて初めてという松田朋子リポーターは開始から1時間後、大きなマダコをゲットし、「とれました!とれました!」と歓声を上げていた。この日は、3時間の漁で14人の釣り人が計53杯のマダコを釣り上げた。4杯釣った男性は「江戸前のタコですから、価値もあるのでは」と話していた。

   釣り船「松陽丸」の間門陽介船長は「数でいうと(例年の)3倍とか4倍、もっと多いかな。タコバブルです」と笑顔だった。

「東京湾の宝石」と呼ばれる希少品。逆にカレイなどは減るかも

   東京湾はマダコのエサとなるシャコや芝エビなどが多いため、栄養をたっぷりとったマダコの味が濃く、うまみと甘みが強いのが特徴だ。一方、マダコの子どもである「稚ダコ」の生育に真水は適さないため、多くの川が流入する東京湾では育ちにくく、希少品となっている。

   では、なぜ今年は豊漁なのか。野上慎平アナウンサーは「今年は海水の塩分濃度が高く、稚ダコが多く生き残れる環境があったようです」と仮設を紹介した。マダコは2年かけて稚ダコから親ダコに成長するが、2年前の2018年は統計史上最も早い梅雨明けで、雨量が少なく、東京湾の真水が少なかった。さらに、3年ほど前から塩分濃度の高い黒潮の大蛇行により、沖合から東京湾に高塩分の海水が流入するようになったことが影響しているのでは、というわけだ。

   野上アナ「マダコが増えることで、マダコのエサとなるカレイなどが減少する可能性もあるそうです。タコは相当食べますから」

   司会の羽鳥慎一「シャコも減っちゃいますね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「増えている方をありがたくいただきましょう」

文・キャンディ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中