2020年 10月 27日 (火)

文春によれば、石原さとみの相手は「外資系金融機関ゴールドマン・サックスに勤めるスーパーエリート。30代平均年収は業務成績にもよるが、1500万円~2500万円ほど」という。こんな女性を独り占めする男は幸せ者だ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   菅義偉政権をひと言でいい表せば「陰険」である。安倍晋三首相は拙いながらも、自分の言葉で国民に説明しようという努力はしたように思う。もちろん、ごまかしや偽りのデータを交えてではあったが。菅は、それさえしようとしない。日本学術会議が推薦した105人のうち6人を任命拒否したが、なぜ拒否したのかという理由について明らかにしていない。

   予想外に批判が高まったため、慌てて会見をしたが、「総合的俯瞰的に判断」などと訳の分からない言葉を、不快感を露わにしながら吐き捨てただけであった。総裁選の中でも、「私ども(政治家は)選挙で選ばれている。何をやるという方向を決定したのに、(官僚が=筆者注)反対するのであれば異動してもらう」と言い放った。今回の学術会議の6人を拒否したのも、政府に楯突くヤツは切るという意志を、周囲の人間たちに見せつけたかったのだろうが、政権発足直後に、浅はかなことをやったものである。

  • 石原さとみ
    石原さとみ
  • 石原さとみ

菅義偉をひと言でいえば「陰険」だ。安倍は拙いながらも自分の言葉で国民に説明しようとする努力はしたが、菅はそれすらしない

   菅の泣き所は、周辺に人材がいないことだろう。今週のポスト、文春、新潮が彼の怪しい人脈を取材している。文春によれば、菅が熱心に取り組む観光政策のブレーンは、英国人アナリストのデービッド・アトキンソンだという。ゴールドマン・サックス出身で、2011年からは国宝などの補修を手掛ける「小西美術工藝社」社長。彼が2015年に上梓した『新・観光立国論』を菅が読み、会いに行き傾倒していったようだ。

   文春は、ここ数年アトキンスの会社が売り上げを伸ばしているが、そこが手がけた日光東照宮の「陽明門」が、約4年、総工費約12億円(うち55%は国の補助金)もかけたのに、純白の獅子にカビが浮かび、塗装も無残に剥がれ落ちていると報じている。アトキンスは文春に対して、伝統工法で修復しているのでカビや剥落はつきもので、「正しく修理されているかどうかが基準なのです」と反論している。

   いい分には頷けないこともないが、この会社の会長を務める和田誠一の存在に「危険だ」(経産省中枢)という声があるという。和田は消費者金融の武富士や医療法人徳洲会の資金調達で名をはせた国際金融ブローカーで、下村博文元政調会長と近いそうだが、具体的に何が危険なのかは触れていない。  もっとも不安視される外交では、前回の大統領選でトランプ当選を予測したといわれる国際政治アナリスト・渡瀬裕哉を頼りにしているそうだ。38歳と若いが、彼には宗教団体「幸福の科学」との関係が取り沙汰されているという。ここの公式YouTubeチャンネルに、釈量子党首と対談している動画が複数アップされているそうだ。本人は信者ではないといっているが。

   医療分野のブレーンは、あの「不倫カップル」(文春)だ。菅の周囲には医療の専門家がいないため、内閣官房健康・医療戦略室次長の和泉洋人首相補佐官と、大坪寛子に頼り切っているというのである。そんな連中だから、健康被害も不透明な海外の製薬会社からワクチンの提供を受けて、全国民に無償で配布しようという、拙速で、国民を生命の危険にさらしかねない政策が出てくるのだろう。

菅義偉首相
菅義偉首相

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中