2020年 10月 31日 (土)

山口県、2090万円の貴賓車「センチュリー」購入に非難の嵐! 買い替え前は3年間で13日しか使っていない...県民をバカにするな!

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   山口県が8月(2020年)に一台2090万円もする最高級国産車「センチュリー」を公用車として購入し、県民から批判の声が上がっている。

   もともと山口県は貴賓車、議長車、副議長者のセンチュリー3台を保有していたが、そのうち2台が古くなったため下取りに出し、今年新たに1台を購入。名目は2台とも貴賓車になった。しかし県会計管理局の主任に買い替え前のセンチュリーの使用頻度を聞いてみると、「直近3年間の使用は13日間です。そのうち皇族の方が使用されたのは2日間、2018年に秋篠宮夫妻が訪問された時だけです」とのことだった。

   しかも、皇族や海外からの貴賓を乗せる予定がない現在は、新しいセンチュリーには県議会議長が乗っており、走行距離は納車から2か月ですでに5000キロを超えているというのだ。県民からは「県会議員がそんなものに乗っちゃいかん。自分の車でいい」、「税金使って県のお偉いさんが2000万円もするセンチュリーって、庶民の感覚じゃない」と怒りの声が上がっている。

1000万円以上の公用車を所有しているのは15県にも

tv_20201012124700.jpg

   ほかの県ではどうなのか。宮崎県の東国原英夫元知事は、当選直後の2007年3月、経費削減のため県のセンチュリーを売却。番組コメンテーターの橋下徹氏は大阪府知事時代、秘書やSPといったスタッフが乗れるよう、ワンボックスタイプの公用車を利用していた。

   グッとラックが47都道府県にアンケートを行ったところ、1000万円以上の車を所有しているのは15県、1000万円以下の車を所有しているのは22道府県、リースで対応しているのは10都府県だった。

   司会の国山ハセン「橋下さん、センチュリーに乗りたいですか?」

   橋下「僕は乗りたくないです。良い車なんでしょうけど、僕みたいのが乗って出かけるなんて恥ずかしい。大阪の県民性からすれば、僕が乗っていたら石投げられますよ。これはやはり、有権者の意識と、トップの趣味嗜好でしょう。トップが一言『こんなの乗らないよ』って言えばいい」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中