2020年 11月 24日 (火)

<テレビ朝日開局60周年記念 24 JAPAN/第2話「01:00-02:00」>(テレビ朝日系10月16日金曜放送)
初の女性首相候補の暗殺計画に立ち向かう獅堂現馬だが、テロ対策ユニット(CTU)には内通者が。娘と妻にも魔の手が忍び寄る...

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   全24話で1日の出来事をリアルタイムに描く革新的スタイルで、アメリカ連邦政府のテロ対策ユニット(CTU)捜査官ジャック・バウアーが凶悪なテロリストを相手に活躍する米国の超人気ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』。テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでオリジナル版シーズン1をベースにリメイクし、『日本初の女性総理』が誕生するまでの24時間のテロリスト対日本版CTUの攻防を、24話にわたってスリリングに描く。

   ニューヨークから東京に向けて飛行中のニューブレイブス航空355便の機影が、房総半島沖で突然、管制レーダーから消えた。ファーストクラスの乗客・氷川七々美(片瀬那奈)が同機を爆破し、自らは爆発の直前にパラシュートで脱出したのだ。

   「24時間以内に日本初の女性首相候補で民生党党首・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する」というテロ計画について捜査を進めていたCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、第1報を受けた瞬間、朝倉暗殺計画に関係した『事件』だと直感した。獅堂は部下の暗号解析係長・南条巧(池内博之)に搭乗者全員の経歴をすぐに調べるよう命じるが、獅堂に不信感を抱く南条は「理解の範疇を超えている」と言って素直に命令に従おうとしない。獅堂は、CTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)からの命令で、CTUの内部情報をテロリストに漏らしている内通者を極秘に捜査しており、それが南条に不信感を抱かせているのだった。

  • 「24 JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「24 JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「24 JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)

首相候補・朝倉麗に、長男長女のショッキングな情報が伝わる...

   無事にパラシュートで地上に降り立った氷川は、墜落した355便の乗客で数時間後に朝倉の写真を撮影する予定だったカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)から奪ったIDカードについて何者かと話し合っていた。氷川はテロリストのメンバーで、奪われたIDカードは暗殺計画に利用されようとしていた。

   同じころ、CTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)は、極秘調査を担当するCTU第3支部捜査員・三上徹(石垣佑磨)と落ち合い、所有者ナンバーが消去されたCTUのカードキーを受け取る。そこには朝倉に関する膨大なデータが記録されていた。郷中が獅堂に「すぐに来てくれ。内通者に関する確かな情報を得た」「誰も信用するんじゃない。お前だけで来るんだ」と電話している最中、郷中と三上は何者かに銃撃される。獅堂はすぐさま郷中らの救助に向かうが、テロリストとの銃撃戦に巻き込まれてしまう。

   さらに同じころ、懇意にしているニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)から、長男・夕太(今井悠貴)と長女・日奈(森マリア)に関するショッキングな情報を聞かされた朝倉は、ある人物に「今すぐ相談したい。それぐらい切羽詰まってるの」と電話をかけ、夫の遥平(筒井道隆)にも内緒で選挙対策本部のあるホテルから姿を消した。山城がもたらした情報は、もし事実なら、朝倉の政治生命を叩き潰すに十分なものだったのだ。

   一方、深夜に家を抜け出した獅堂の娘・美有(桜田ひより)と、その美有を探す妻・六花(木村多江)にも、テロリストの魔の手が忍び寄る。

   乗客乗員もろとも旅客機を爆破してまで朝倉暗殺を遂行しようとする残忍なテロリストと、内部に裏切者を抱えたCTUの闘いは、まだ始まったばかりだ。獅堂たちはタイムリミットの24時間以内にテロリストのグループを壊滅させ、その背後にいる闇の勢力を暴くため、決死の闘いを挑む。(よる11時15分放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中