2020年 11月 24日 (火)

女性選手の胸や尻アップ映像の投稿が多発!被害の訴えにJOCが動き始めた。立川志らく「競技場に変態がゴロゴロいる。取り締まれ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

アンミカ「ファッションショーでは撮影者をチェックしている」

   競技によってはすでに撮影に関するルールが定められている。体操は観客による撮影禁止、レスリングは望遠による撮影禁止で、警備員の見回りがある。日本学生陸上連合は撮影には申請が必要で、撮影禁止エリアも設けている。フィギュアスケートの地方大会は申請したうえで保護者のみが撮影できる。

   高橋知典弁護士によると、公の場所でのスポーツ選手への性的趣味の撮影を規制する法律はない。また「東京都迷惑防止条例」での盗撮とは、衣類で隠されている下着や身体を撮影する行為で、選手のユニフォーム姿を撮影することは犯罪に該当しない可能性があり、「性的趣味の撮影を罰する立法が必要」と言う。

   モデルのアンミカは「ファッションショーでは特殊なカメラをもって最前列を陣取る撮影者をチェックしていた。先に告知したうえで、そのように指導できる体制が必要」と提言。

   フワちゃんは「YouTubeでは規制がかかり、過激なものや性的なものはアカウントが停止されるが、ツイッターにはそれがない」と指摘した。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中