2020年 10月 23日 (金)

日本テレビで日曜夕方6時からのニュース報道番組「真相報道バンキシャ!」がスタートしたのは18年前だった

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   「真相報道バンキシャ!」は、2002年10月に、日本テレビの毎週日曜日の、午後6時からの1時間番組として始まりました。私は、2001年7月に、ニュース編集部長になり、翌年9月11日に、アメリカの同時多発テロの1年後の特番を、ニューヨークからたけしさんと放送したばかりでした

   そもそもの始まりは、報道局の中で1時間番組をやりたいという声が上がり、いろいろな過程を経て、私の意見が通ってこの枠に決まりました。日曜の18 時が空いていて、「笑点」から「ザ!鉄腕!DASH?」までの流れがよかったからです。コンセプトは、1時間の、週に1度の、数字がとれる報道番組というものでした。そのためには、できるだけ旬なネタで、日曜日におきた事件でも、できるだけ取材して、放送することが大事だ、と思っていました。メンバーで構成会議を行ったとき、私が言いました。「これは、大きな番組になるから、写真を撮っておこう」。番組の成功と発展を確信はしていませんでしたが、その予感はあったから発した言葉でした。

  • 「真相報道バンキシャ!」番組ホームページより
    「真相報道バンキシャ!」番組ホームページより
  • 「真相報道バンキシャ!」番組ホームページより

テレビ報道は、いかに客観的事実を積み重ねられるかが勝負

   司会は福澤朗と菊川怜、ご意見バン!として河上和雄氏(弁護士、元東京地検・特捜部長、故人)でスタートしました。

   生放送のオープニングは、1週間に話題になったいろいろな人の顔写真で始まり、その週に起きた注目すべき出来事の実験・検証を行います。これは、時間がないときでも、詳細にやりました。番組は、スタッフの皆の努力も実り、最初から好視聴率でスタートしました。

   テレビは、免許事業なので、論説機関である新聞と違って意見は言えません。その中で、いかに客観的な取材を積み重ねて、放送するかが勝負だと思います。その意味で「真相報道バンキシャ!」は、さまざまな試練を経て、進歩し続けています。司会の福澤朗は続投していて、菊川怜から鈴江奈々に変わり、2013年から夏目三久が務めています。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中