2020年 12月 1日 (火)

<会心の1ゲー>(テレビ朝日系)
さらば青春の光・森田が生んだ「神ゲー!?」の『成田空港』とは? ダチの彼女をバイクの後ろに乗せて空港へ、背中に胸が当たってムラムラ...事故ってしまうわ!

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   芸人・さらば青春の光の森田哲矢と、株式会社バーグハンバーグバーグ社員でライターのダ・ヴィンチ・恐山の2人だけで送る、ど深夜の新番組。この2人が出したゲームのアイディアを、低予算ながら具現化し一攫千金を狙う。今回はその第2回。

   今回は初回で森田が出した案『成田空港』の試作版が早速出来たのでプレイする。この『成田空港』というゲームは、トレンディドラマなんかでよくあったような、主人公の男友達がアメリカに行っちゃうのに、その男友達の彼女(主人公はちょっと気がある)が前日ケンカしたかなんかで見送りを拒んでいたら、主人公が「おい、見送りいかなくて良いのかよ」とカッコよく誘い、その彼女をバイクに乗せ、無事に成田空港まで送り届けられるかというバイクゲームなのだ。

   しかしそんなこのゲームの、ゲームとしての肝の部分がおかしいというか面白い所なのだが、バイクの後ろに乗っけた彼女の胸が主人公の背中に当たって、主人公がムラムラして「煩悩」が溜まると、どんどん事故りそうになるというのが基本システムなのだ!煩悩がたまると、主人公の「胸当たってるやん」という吹き出しが出て来て画面を邪魔する。この「煩悩」のメーターは、「オカン」の写真を見ることで下げることが出来る (笑) が、ダ・ヴィンチ・恐山の提案により、写真を見ている間は車線変更ができないので、障害物があると事故ってしまう。

  • 画像は動画配信プラットフォームTELASA 「会心の1ゲー」公式サイトより
    画像は動画配信プラットフォームTELASA 「会心の1ゲー」公式サイトより
  • 画像は動画配信プラットフォームTELASA 「会心の1ゲー」公式サイトより

超低予算で古臭い静止画、激ムズでMC2人はクリアできず

   いよいよ試作版をプレイ。ルール説明やオープニングムービーでテンションが上がる2人だが、超低予算で作っているので静止画が古臭く「何年代の画風...!?」と恐山。更にムービーの「サトルが彼女に出来る最後のつぐないが始まった...」という一文に、「こんなこと前の打ち合わせ(初回放送分)言ってない...!」「かなりプログラマーの私情が入ってる」とはしゃぎながらツッコむ2人が微笑ましい。

   さて肝心のゲームだが、これが激ムズ!森田の1回目のプレイではいつの間にか前を走るパトカーに追突しゲームオーバー。気が散るのでオカンを早めに見ていたら車線変更できず事故!更に無駄にスピードが早くなってしまうエナジードリンクなどのトラップも!森田は「でもこれくらいムズい方が攻略のし甲斐がある」と鋭い指摘。恐山は「ファミコン時代の難しさ」、森田も「死ぬまでのスピードが『トランスフォーマー(コンボイの謎)』と同じ」とその難しさを表現した。

   この試作版は番組公式ツイッターからリンクが案内されており、無料でプレイできる。MC2人は1面もクリアできなかったが、全3面クリアした猛者も現れており、みなさんもチャレンジしてみては。でもゲームをプレイしたらもっと面白いが、プレイしなくてもこの2人の掛け合いがかなり面白いので、とりあえず番組を見ることをオススメしたい。 (テレビ朝日:10月15日(木)深夜2:36放送)

鯖世 傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中