2020年 11月 26日 (木)

携帯料金値下げ、格安スマホ会社が先行! 20GBプランが主戦場に。大手は傘下子会社に誘導? 格安航空会社と同じ構図なのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   総務省はきのう27日(2020年10月)に、携帯電話料金の引き下げに向けたアクション・プランを発表した。では、どのくらい安くなるのか。アシスタントの斎藤ちはるが解説した。「現在は、格安スマホはデータ容量が小さくて安く、大手は容量が大きくて高いと二極化していますが、その間をとった20GBのプランがメインになると見られます。20GBあれば、動画を80時間見ることができます」

   KDDI(au)傘下のUQモバイルは、さっそく割安プランを決めた。データ容量20GB(ギガバイト)までで月額3980円だ。auは容量無制限で7480円だからかなり安い。50GBまで7480円のソフトバンクは、傘下のY!mobilが20GB月4480円のプランを発表した。NTTドコモは傘下に新たな格安スマホ子会社を作って、同様のプランをスタートさせる。

大手はなんで値下げできない? 乗り換えには手間がかかるし...

tv_20201028120056.jpg

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「なんで大手そのものが安いプランができないのでしょうかね。わざわざ傘下の格安に乗り換えなくてはいけないわけですよね。もっときめ細かいプランがあって、選択肢が多かったらいいなと思いますね」

   総務省は、携帯会社を変えるときの持ち運び手数料を無料にし、メールアドレスもそのままにするというが、変更のためには、また店頭で延々と待たされなければならない。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「航空会社のフルサービスキャリアとLCCみたいなことになるんですね。でも、政府に『安くしろ、安くしろ』と言われて、先を見た投資などが手控えられ、サービスが低下しないか心配ですけどね」

   浜田「お店ヘ行くと、『あなたは、こんなに使っていないから(もっと安いプランがあります)』って説明されないじゃないですか。まずは、ていねいに説明してほしいのが一番ですね」

   司会の羽鳥慎一「この機会に、プランを見直してみましょう」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中