2020年 11月 27日 (金)

巨人の菅野智之は今年、最高のシーズンになった。開幕から無傷の13連勝という快挙を成し遂げ、来シーズンは念願の大リーグ入りが実現しそうだ。野崎萌香という人気モデルが支えてくれる愛妻になるという。ただ大リーグで成功した日本人選手のジンクス「年上女房」でないことがちと心配だが。

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   巨人軍の菅野智之投手(31)は今年、自身にとって最高のシーズンになった。開幕から無傷の13連勝という快挙を成し遂げ、来シーズンは念願の大リーグでプレーすることが実現しそうである。そんな菅野に足りなかったのが内助の功だった。イチローでもダルビッシュでも、支えてくれたのは愛妻の存在だった。

   だが心配無用だと、フライデーが恋人、それも結婚間違いない付き合いをしている女性がいると報じている。都内の高級スーパーで、2人揃って1万円の牛ヒレ肉などを買い求めている姿が載っている。186センチの菅野に劣らず166センチという女性にしては背の高い彼女は野崎萌香(30)、人気モデルだそうだ。

   買い物を終えると2人して、菅野の愛車・レンジローバーで愛の巣へ帰っていったという。彼女は菅野から「合カギ」も持たせてもらっているようだ。心配が一つある。大リーガーになって成功した日本選手の多くが「年上女房」であることだ。過酷な戦いに疲れて帰ってくる亭主を、いたわってくれる"優しさ"が彼女に備わっていれば問題ないのだが。

  • 菅野智之投手(読売巨人軍公式サイトより)
    菅野智之投手(読売巨人軍公式サイトより)
  • 菅野智之投手(読売巨人軍公式サイトより)

文春によると、「絶対にあってはならない」橋の手抜き工事の業者のバックに宮内秀樹農水副大臣がいる。事は人命にかかわる大問題だ。

宮内秀樹農水副大臣(本人の公式サイトより)
宮内秀樹農水副大臣(本人の公式サイトより)

   今週の文春の巻頭は、中央自動車道天神橋などの耐震補強工事の指名入札を、元請けから6億円で落札した建設会社「大島産業」(福岡県宗像市)による、「絶対にあってはならない手抜き工事が行われて」(二次下請けの「吉岡建築設計」の吉岡史人会長)いたという告発レポートである。

   2年前に起きた熊本地震で、橋が崩落して道路が不通になるなどの被害が発生したことを受けて、国交省が全国的に、崩落したのと同じ「ロッキング橋」を補強するべく、急ピッチで進めていた中の一つだ。手抜きで橋が崩落すれば、どのようなことが起きるかは素人でも分かる。それも現場からはるか遠い福岡県の会社がなぜ落札したのか?

   吉岡建築設計の社員が東京・日野市にある「緑橋」の工事を終えた現場に入ると、「工事を終えたばかりの橋脚の下に、鉄筋が野晒になって放置されていたのです」。また反対車線側でも、鉄筋が一部入っていないことが発覚した。大島産業の現場責任者が慌てて、「壊して、やり直すか」といったが、結局、やり直しはされずに、「誰にもいうなよ」とかん口令が敷かれたそうだ。

   それ以外でも、これまで大島産業では元社員が会社からパワハラを受けた、未払いの残業代を払えという訴訟(最高裁で約1500万円払えという判決が出た)などを起こされている。

   こんな会社が、国交省の事業に入り込むことがなぜできたのか。そのカギを解くのが、ここと、この9月に農水副大臣に抜擢された宮内秀樹衆院議員(二階派)との"密接"な関係だというのである。宮内は元々国交副大臣を務めた渡辺具能衆院議員の秘書で、国交政務次官などを歴任しているから、国交省ににらみがきく。大島産業の50周年祝賀会では、宮内が代表発起人となって挨拶したそうだ。また大島は、「宮内が政治家になれたのは俺のおかげ」だと常々いっているという。

   だが、事は人命にかかわる重大な問題である。大島産業側は、手抜き工事には当たらないと答え、宮内は「第三者からの問い合わせには回答しておりません」と沈黙。吉岡建築設計は、元請けに調査を依頼し、「緑橋」の所有者である日野市に告発文を送付したそうだ。

   権勢を振るう幹事長派閥だからといって、このようなことがまかり通っていいはずはない。文春のいうように、一刻も早い調査と、丁寧な説明がなされなければならないこと、いうまでもない。

GOTOトラベル(イメージ)
GOTOトラベル(イメージ)

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中