2020年 11月 26日 (木)

鼻出しマスクで口論の末、催涙スプレー吹きかけた男が逃げている! そこまでするかと思うが、鼻出しでは予防効果ゼロだぞ!

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   きのう3日(2020年11月)、東京メトロ半蔵門線の九段下駅で、男性が催涙スプレーのようなものを顔に吹き付けられ、警察や消防が出動したが、犯人の男はいまだに逃走中だ。「トラブルの発端は電車内でのマスクの付け方でした」と司会の羽鳥慎一は伝えた。

   40代男性が車内でマスクから鼻を出していた男に、「マスクは鼻まで覆えよ」と注意したところ口論となり、2人は九段下駅のホームに降りてもみ合いになった。注意された男はスプレーを吹きかけ、そのまま逃走。40代男性は目に軽いけがを負った。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「なんで催涙スプレーなんて持ってたのかな」

   羽鳥「いまのところ、催涙スプレーのようなものということですが」

   男は30代くらいで、身長165センチ前後という。警察は傷害事件として男の行方を追っている。

豪州では鼻出しマスクが原因でクラスター発生の報道もあるそうだ

tv_20201104105754.jpg

   街中でよく見かける鼻出しマスクだが、感染予防効果はゼロだという。アシスタントの斎藤ちはるアナが説明した。「白鴎大教授の岡田晴恵さんは『鼻から他人の飛沫を吸ってしまい、感染する可能性が増えます。さらに、顔とマスクの隙間から飛沫が飛び、相手に感染させる可能性もある』と言っています。地下鉄のような密集した空間では、しっかり鼻と口を覆うことが大切です」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「オーストラリアのクラスターで、ホテルかなにかの従業員が鼻を出してマスクをしていたのが原因という報道があって、それからは気になって仕方がないですね」

   玉川「せっかくマスクするんだから、意味があるようにしたほうがいいと思いますよ」

   羽鳥「自分にとっても他人にとっても、鼻を出すことは、マスクをやっていないのと同じということです。針金でしっかり鼻に密着させないといけないということだと思います」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中