2023年 2月 8日 (水)

紅白、出場者にざわつくネット!「ジャニーズ多すぎでしょ」「NiziU(ニジュー)は時期尚早」「選考基準どうなってるの?」...「嵐」最終日、例年以上に注目集める!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「ヒット曲ないのに」「コロナ禍なのに今までと同様の選び方?」

   ネットの声を抜粋すると...。

「ジャニーズが7組はちょっと多すぎかなあ。CD売上で考えると、嵐、キンプリ、SixTONES、Snow Manは出てもおかしくないけど、他のグループは今年ヒットした曲あったっけ?NiziUとか櫻坂46の出演も解せない」
「ミスチル出場は驚いたが、ほかの出場者にサプライズはないな。昨年までと同様のやり方で、今年も出場者を選んだことがよくわかる出場者リストである。コロナ禍で多くの人が人生を滅茶苦茶にされた今年の紅白では、今まで以上に歌による癒しと激励が求められている。個々の歌手についてどうこう言いたくはないが、そうした状況にもかかわらず、過去の延長線でしか番組を制作できないNHKには失望した」
「いつも思いますが、NHK紅白出場基準が全くわからない。適当に決めていると思われるメンバーが多々いるので、見ていてつまらない。NHK受信料をしっかり払っているので、明確な基準を開示してください」
「もう選考基準が『いい楽曲』ではなく『話題性』になってしまったな。今年一年のSONGSの総集編の方が中身も数字も獲れるとは思うけどね」
「歌を歌う出場が少ししかいないですね。パフォーマンス合戦ならば、紅白歌合戦にする必要はありませんね。民放の歌謡祭や長時間放送の音楽番組とは一線を画して、じっくりと歌手の魅力を感じられる番組にしてもらいたい」
「今年かなり話題になったが、Niziuは時期尚早かなって感じた。人気を維持して来年出るならわからなくはないけどね。好き嫌いはあるが紅白の元々のコンセプトでその年に話題なったミュージシャンを出場させる意味合いなら瑛人は良いと思う。本当は老若男女誰でも知っているミュージシャンを出してもらいたいけど今はなかなかいないな。逆に年配者しか知らないミュージシャン出すとヒット曲ないくせに何故今更出るってなるから難しい」

(テレビウォッチ編集部)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中