2021年 5月 8日 (土)

関東で相次いだ豚や牛の盗難事件の背後には、ベトナム人の売買ルートがあった。番組で豚を売りさばいたベトナム人を取材すると、コロナ禍で仕事を失った実習生たちの困窮状態が浮かび上がった

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   この夏(2020年)、群馬、栃木、茨城、埼玉で、ブタや子牛、ニワトリなど1300頭(羽)あまりが盗まれた。防犯カメラに持ち去る様子が映っていたが、食べきれるような数ではなく、食品会社に売りさばくにも、食肉管理の厳しい日本では販売許可がなければ難しい。組織的な売買ルートがあると疑われた。

   武田真一キャスター「群馬県警が不法滞在などの容疑でベトナム人グループを摘発すると、インターネットでブタの売買の書き込みが見つかりました。盗難との関係はわかっていません。コロナで家も仕事も失い、帰国もできないベトナム人実習生の現実が見えてきました」

  • 「NHKクローズアップ現代+」の公式サイトより
    「NHKクローズアップ現代+」の公式サイトより
  • 「NHKクローズアップ現代+」の公式サイトより

在日ベトナム人のサイトで飛び交う「仕事を探している」

   「ボドイ」という在日ベトナム人のコミュニティーサイトがある。2万5000人が登録していて、「仕事を探しています」「伊勢崎周辺に家が必要です」「仕事紹介してください」といった書き込みに交じって、「在留カード譲る」「銀行口座を高額で買います」といった違法な呼びかけもあり、この夏からは「豚売ります」という投稿が急増した。15~30キロで2万円。100グラム当たり67円と格安だ。

   そんな豚肉を買ったという群馬県太田市在住のグエンさん(仮名)が取材に応じた。「友だちと買っただけじゃなく、実は売買の仲介もしていました。どんな豚か知らないけれど、売りたい人の代わりに売ってあげる。注文があると売り主に連絡して、1回1000円」と話す。「盗まれた豚だとは思わなかったのか」と聞かれると、「仲介者がいっぱいいるからわからない。盗みをするのはよくない。(売り主は)ベトナムに帰った」

   グエンさんは4年前、農業の技能実習生として長野県の農家で働き始めたが、半年で失踪し、以降は不法滞在のまま各地の食肉処理場や工場を転々としてきたという。そのたびにブローカーに紹介料をとられ、借金は250万円に膨らんだ。こうした失踪したベトナム人実習生は6105人(2019年)にもなる。

   武田「技能実習生は中国やフィリピンなどさまざまな国からも来ているのに、とりわけベトナムの人が困窮する理由は何があるのでしょうか」

文   カズキ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中