2021年 2月 27日 (土)

スパコン「富岳」のシミュレーションでわかった飛沫の飛び方 カラオケで1人が歌うと30秒で部屋全体に広がる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   スーパーコンピューター「富岳」が飛沫感染の新たなシミュレーションをはじき出した。

   タクシーに運転手と客2人の計3人が乗り、時速40キロで走行中の車内。窓を閉め切った状態で後部席左側の客が咳をすると、青く色付けされた小粒の飛沫があっという間に広がった。運転席と後部左側の窓を5センチ程度開けても、ほとんど変わらない。エアコンで外気を取り入れる方が窓を開けるより効果的で、人がマスクをつけていれば飛沫量を30%程度にまで減らせることも分かった。

   マスクは素材により飛沫防止効果に差があり、ウレタンマスクよりも、使い捨てのマスクの効果が高かった。

野外バーベキューでは隣より風下に飛ぶ

tv_20201127115445.jpg

   カラオケボックスの21平方メートルの部屋に9人が入り、1人が歌うシチュエーションで調べると、「飛沫が30秒ぐらいで部屋全体に広がりました。排気口の下で歌えば、あまり飛びませんでした」(立本信吾アナウンサー)という。

   野外のバーベキューは、風速毎秒0・5メートル、人と人の間1メートルで、隣より風下の人に飛んだ。間が1・7メートルなら、飛沫は半分に抑えられる。

   司会の小倉智昭「早く行って風上をゲットすることだな」

   航空機の換気性能が高いことも分かった。3分でまるまる換気された。ただ、リクライニングを倒して咳をすると、飛沫は広範囲に広がった。

   小倉「自分たちが考えていたのと違うこともありました」

   長野智子(キャスター)「いかに飛沫まみれの人生だったかが分かった。野外なら大丈夫というのも違いましたね」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中