2021年 5月 10日 (月)

「アベノマスク」「GoTo」抑え、小池知事の「3密」勝利? 「フワちゃん」入賞に志らく「非常識に憧れるんですよ」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   年の瀬の風物詩、「2020年ユーキャン新語・流行語大賞」がきのう1日(2020年12月)、発表された。「アベノマスク」「Go Toキャンペーン」「オンライン○○」「アマビエ」など、トップ10には軒並み新型コロナ関連の用語がずらり。そんななか、年間大賞を獲得したのは東京都の小池百合子都知事がアピールした「3密」だった。

   新型コロナの感染拡大を防ぐため、密集・密接・密閉を避ける意味の「3密」というワードは、小池知事が記者会見などでパネルを掲げ、繰り返し呼びかけて広まった。小池知事はきのう1日、リモートで受賞のコメントを寄せ、「私たちの暮らしが大きく変わる中で、この言葉が強く印象付けられたと受け止めています」と満面の笑みを見せた。選考委員のやくみつる氏は「全く異論のない選出でした」。ソーシャルディスタンツやステイホームなど様々な言葉を生むきっかけとなったことが受賞の決め手となったという。

ゲーム・ビデオ・ソロキャンプ...コロナ下の暮らし変化を反映

   トップ10にはこのほか、新型コロナのステイホーム期間中にビデオを見る人やゲームをする人が増えたことを反映して「あつ森」や「愛の不時着」、密を避けるレジャーとして注目された「ソロキャンプ」もランクイン。映画や漫画が大ヒットした「鬼滅の刃」やYouTube芸人「フワちゃん」も入った。

   司会の国山ハセン「金曜レギュラーのフワちゃんは、コロナ禍の日本を明るくしてくれました」

   キャスターの立川志らく「フワちゃんは、常識で固められた世の中に現れた非常識な人。それにみんな憧れるんですよ。でも、こういう子ばかりだと世の中つぶれます」

   女優の星野真里「3密が大賞をとると思っていました。『ちょっと距離をとりませんか』とは言いにくくても、『3密』だと言える、というような言葉でした」

   そういえば、小池都知事はきのう1日、菅義偉首相と会談するため官邸に向かう際、都庁にいた報道陣に「ごはん食べてお待ちください」と声をかけるなど、やけにご機嫌な様子だった。安倍晋三首相の「アベノマスク」や菅首相肝入りの「Go Toキャンペーン」をねじ伏せて、「3密」が年間大賞をもぎ取ったからだったのかもしれない。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中