2021年 5月 17日 (月)

墓地で騒いだ迷惑系ユーチューバー、礼拝所不敬容疑で逮捕 へずまりゅうの弟子名乗り、過激投稿

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   山口県内の墓石の上に乗り、「死んで当然じゃ、お前ら」などと叫んでいる動画を投稿したいわゆる「迷惑系ユーチューバー」の川西康司容疑者(28)が礼拝所不敬容疑で逮捕された。きょう10日(2020年12月)の「グッとラック!」はこのニュースを取り上げ、神社で「コロナでいっぱい人が死にますように」と願かけしたり、毛利元就の子孫の銅像によじ登って騒いだりしている川西の過去の動画も放映した。

   川西は昨年11月(2019年)ごろに「ニートの休日」といった地味な動画を投稿しており、再生回数も500回程度だったが、スーパーで購入前の寿司を食べるなどして逮捕された迷惑系ユーチューバーのへずまりゅうの弟子を名乗るようになり、先月(2020年11月)ごろから過激な動画を投稿するようになったという。

   キャスターの立川志らく「頭の回路が全くわからない。親は気の毒ですね」

今後警察は容認しないだろう

   髙橋知典弁護士「迷惑行為や犯罪で有名になる、お金が入るという行為を警察は容認するわけにはいかないので、迷惑系ユーチューバーの逮捕は今後増えると思います」

   メインコメンテーターの田村淳「逮捕されるからメディアは取り上げざるを得ないが、成人式で暴れる人と同じで、取り上げれば取り上げるほど、次につながってしまうからもどかしい。僕は無視したい。彼の名前も言いたくない」

   司会の国山ハセン「ため息が出ますね。どうしたらいいんでしょうね」

   迷惑系ユーチューバーをテレビで取り上げないことが、何よりもの対策になると思うけど。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中