2021年 5月 11日 (火)

秋篠宮佳子さんが「東京農大出身者」と交際か? 秋篠宮家と関係が深い東京農大 菅首相側近に新たな疑惑浮上で「1月解散」説もあるが、「自爆解散」になるだろう

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   秋篠宮佳子さんが付き合っている男性というのは諸説あったが、新潮は「東京農大出身者」だと具体的に報じている。

   以前から伝えられているように、佳子さんはICU在学中の2017年9月から翌年6月まで、イギリス中部にあるリーズ大学へ留学している。

   同時期に日本からも多くの留学生が学びに来ていて、彼女はそうした学生たちと意気投合して交流を深めた。

   この男性は、リーズ大と東京農大が協定校ではないため、専門分野の勉強のため独自に探し、入学してきたという。

   佳子さんは、帰国してからも当時の留学生たちと交流しているが、特にこの男性とは"懇意"にしていると見ているようだ。

   東京農大は、実は、秋篠宮家と関係が深い。秋篠宮がここの客員教授を務めていて、紀子さんの弟・川嶋舟も准教授として在籍している。さらに、悠仁さんの進学先として東京農大一高が有力視されている。

   これは新潮によると、秋篠宮自身が、生物学に関心が強い息子を農大に入れることに乗り気だからだそうだ。

   佳子さんは以前、理想の男性像について、「一緒にいて落ち着ける方」と話している。また農大つながりであれば、秋篠宮も相手がどういう人物か情報も入るだろうから、見極めやすいという利点もある。可能性があるかもしれない。

本心では眞子さんの結婚応援している秋篠宮

   誕生日会見では、「娘・眞子と小室圭の結婚は認めるが、婚約と結婚は違う」と、やや意味不明な発言をした秋篠宮だったが、本心では、眞子さんの結婚を応援しているはずである。

   なぜなら、秋篠宮自身も紀子さんと結婚するとき、同じような経験をしていたのだ。

   ポストによれば、秋篠宮が紀子さんにプロポーズしたのは1986年6月、秋篠宮が20歳のときだったという。

   しかし、婚約内定までに3年以上がかかった。89年1月に昭和天皇が崩御されたこともあったが、もっとも大きかったのは皇室で初めての"自由恋愛"だったことだったそうだ。

   「紀子さまのお父様は学習院大学の教授で、川嶋家は校内にある3LDKの教職員住宅が住まいでした。

   当時、宮内庁関係者の間で"普通のお嬢さんで釣り合いが取れるのか"という声があったのも事実。まだ兄の浩宮さま(現・天皇)がご結婚されていなかったこともあり、懸念を示す声も多かった」(宮内庁担当記者)

   秋篠宮が、結婚できないのなら皇籍を離脱するという主旨の発言をしたという情報も飛び交った。

   自由恋愛、周囲の反対で結婚まで3年以上、皇籍離脱まで考えた。歴史は繰り返す。自分以上の苦しみを味わっている娘を何とか幸せにしてやりたい。そうした気持ちは人一倍強いに違いないと、私は考えている。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中