2021年 3月 7日 (日)

秋篠宮佳子さんが「東京農大出身者」と交際か? 秋篠宮家と関係が深い東京農大 菅首相側近に新たな疑惑浮上で「1月解散」説もあるが、「自爆解散」になるだろう

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

元農水大臣にアキタフーズの裏金疑惑

   さて、東京地検特捜部が捜査している安倍前首相の「桜を見る会前夜祭」問題は、「後援会の代表を務める安倍氏の公設第一秘書の配川博之氏を政治資金規正法違反(不記載)容疑で略式起訴する方針を固めています」(社会部デスク=文春)。安倍を任意で事情聴取するのも、捜査を十分に尽くしたというアリバイ証明だと文春も新潮も見ているようだ。

   そのため、安倍は宴会に顔を出したり、週末ゴルフをしたりと余裕を見せているというが、ここへきて、新たな疑惑を特捜部が掴んだことから、胸中穏やかでないと文春が報じている。

   それは、河井克行元法相夫妻の捜査で、鶏卵生産大手のアキタフーズ(広島県福山市)の裏金疑惑だという。

   吉川貴盛衆議院議員が農相在任中の2018年10月から2019年9月、同社の秋田善祺代表(当時)から鶏卵業界に便宜を図ってもらう目的で3回にわたり計500万円を提供されたというものである。

   特捜部は贈収賄での立件も視野に入れているそうだ。吉川は、菅首相と同期で、総裁選のときはいち早く菅支持を表明して、選対事務局長を務めている。新潮で弁護士の若狭勝がこう語っている。

   「こちらは"筋のいい事件"だと感じます。吉川氏は農水大臣だったので職務権限の有無については問題がなく、現金を贈った側も事実を認めている」

   さらに特捜部は、政界工作をしていた秋田の秘書が控え用に付けていた「裏手帳」などを手に入れている。文春はそれと同じものを入手したという。

   そこには日付と金額が書き込まれている。その中にたびたび登場するのが、菅政権の内閣参与西川公也元農相だ。今年7月に秋田から豪華クルーズ船で接待を受けていたことも報じられている。

   西川は12月8日に参与を辞任したが、文春によれば、裏手帳には菅官房長官(当時)の名前もたびたび登場しているというのである。

   そこからは、菅と秋田が、河井案里が出馬した参院選に肩入れしてきた様子が窺えるそうだ。

   特捜部は、安倍前首相の疑惑は年内に終結させる見込みのようだが、安倍の国会での数々のウソ答弁や、首相という立場を悪用して自分の地元の有権者を"接待"していたことは、決して許されることではない。国民への丁寧な説明と謝罪が必要なこというまでもない。

   さらに、河井に続いて吉川という菅首相の側近議員が逮捕されれば、菅政権は今以上に国民の支持を失うことなる。

   そうしたことを全て覆い隠すために、菅は1月解散に踏み切るのではないかと囁かれている。やってみるがいい。後々、「自爆解散」だったといわれることになるはずだ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中