2021年 4月 23日 (金)

「天国と地獄~サイコな2人~」が面白すぎる!「真犯人は同居人リクか、部下の八巻か、美人秘書か」「高橋一生のマッチョな裸と綾瀬はるかの騎乗シーンに眼福」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   綾瀬はるか(35)と高橋一生(40)がW主演のTBS系ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」が大人気だ。第1話の視聴率が16・8%、第2話も14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区世帯)と絶好調だ。

   刑事(綾瀬はるか)と殺人鬼(高橋一生)の魂が入れ替わるドラマだが、「女性」になった高橋一生がシャワーを浴びるシーンなど、「乙女チック」な演技が絶品にうまく、ネットでは「可愛いが止まらない!」「ツボにはまる!」といった声が多数上がった。一方、「男性」になった綾瀬はるかも同居男性に馬乗りになる大胆なシーンを見せ、「ゾッとするほど色っぽい!」と称賛を浴びており、2人の怪演技で盛り上がっている。

  • 北村一樹は2人の入れ替わりに気づいているか?(TBSの公式サイトより)
    北村一樹は2人の入れ替わりに気づいているか?(TBSの公式サイトより)
  • 北村一樹は2人の入れ替わりに気づいているか?(TBSの公式サイトより)

シャワーシーン・女子トイレの高橋一生が乙女チックで超可愛い!

   ドラマは、綾瀬はるか演じる、正義感が強いが慌てん坊な刑事・望月彩子が、高橋一生演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗と魂が入れ替わってしまうストーリー。「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」など多くのヒット作を手掛けた脚本家の森下佳子氏のオリジナル作。

   1月24日(2021年)放送の第2話では、魂が入れ替わった彩子<魂は日高>が日高<魂は彩子>に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と、に二者択一を迫り、彩子は仕方なく後者を選択する。彩子<日高>の指示に従う日高<彩子>は、家宅捜索が入る前に、日高のマンションから連続殺人の証拠が入った段ボールを持ち出し、家宅捜索を乗り切る。その後、日高<彩子>は同僚の刑事・河原(北村一輝)の事情聴取を受けるも確たる証拠が出ず、釈放される......という展開だった。

   日高<彩子>がシャワーを浴びるシーンでは、彩子がオトコの下半身を「絶対に見ないわ!」と宣言し、下を見ずに入浴して転倒してしまう姿もあり、ネットでは「笑い過ぎてお腹が痛い!」「動きが愛らしい~」といった声が上がった。高橋一生の意外に筋肉質の裸(一部カット)も映し出され「サービスショット!」「ごちそうさまです」といった声が相次いだ。

   一方、彩子のマンションに戻った日高<彩子>が、居候の陸(柄本佑)と初めて会う場面では、綾瀬はるかがいきなり柄本佑に馬乗りになるシーンも。「こんなに大胆な綾瀬はるか初めて。もっと続きを見たかった」の声も上がった。

悪魔にも天使にも見える綾瀬はるかが超色っぽい

   ネットでは「面白すぎる」「今季最高のドラマでは」といった意見が上がっている。まず、主役2人の演技に称賛の声が。

   「高橋さんと綾瀬さんの演技が最高に良くて素晴らしい。一生さんのナヨナヨとした仕草に、はるかさんの色っぽさとSっ気たっぷりの演技にときめいている男性も多いと思う」

   「まるでホントに入れ替わっているようだったし、2人がキツネとタヌキの化かし合いみたいで、どちらも良かった。やっぱり役者はすごいな。ハラハラドキドキの脚本もよい。来週の展開が楽しみ」

   「サイコパスの魂が入った綾瀬はるかが、悪魔のようにも天使のようにも見えて美しく、めちゃ色っぽい」

   「高橋一生ひとりのシーンだと結構コミカルなのでそれが面白い。サスペンスの部分とコミカルな部分と両方あるのが良い。お風呂や女子トイレのシーンが最高に可愛かった」

   「いやあ〜しかし、高橋さんは女性も演じられるのね...と思うと本当に驚いている。綾瀬さんが乗り移っているかと思うくらい雰囲気出ている。綾瀬さんの大胆な馬乗りはもう少し続きを見たかったが、ゴールデンタイムでは無理か」

   高橋一生は女性役が得意だよ、という指摘も多かった。

   「あの蜷川幸雄さんの舞台のシェイクスピア『から騒ぎ』で女役でしたね。一緒に出ていた長谷川博己さんが、その役やりたいと思っていたけど、『たっぱ(身長)があるから無理』と言われたって、なんかの回想かで読んだ気がする。高橋さん、岸辺露伴では舞台っぽい発声で演技していますね。ドラマにぴったりの演技を出してくるのが、引き出しの多さですね」

証拠品をわざと残している高橋一生、真犯人を探すためでは?

   最後に彩子の部下の八巻(溝端淳平)が入れ替わりに気づくが......。

   「このまま、どうやって話が進むのかな?と思っていたら 味方ができて良かった!質問のシーンで泣きそうになりました。 八巻くん、グッジョブ!気をつけて頑張れ~」

   「でも、リク役の柄本さんやライバルの北村さんも、アヤコの変化に気付いているような気がしました。このドラマは今後、二転、三転しそうです」

   実は、サイコパスの犯人は日高以外にいるのではないかと推理する声が多く上がっている。

   「高橋一生さんは、本当は犯人ではないんじゃないかなあと。証拠をさっさと処分すればいいものを、保管し残しておくのは、ちょっと腑に落ちない。むしろ証拠を手元に置いておいて、真犯人を探そうとしているのかもしれない」

   「八巻が気づくのが早過ぎるのも考えるとおかしい。真犯人は何度も入れ替わりを繰り返していたりして...。犯人は近くで彩子を監視している的な」

   「同感です。ただの居候の同居人では柄本佑の無駄遣いではありますよね。もしかして、もともと日高と陸が入れ替わっていた?初回から、陸くんには怪しみ感がありました。便利屋さん的な設定は、犯罪者の確率が高いですね。でもこんなに簡単にわかることはないと思うので、次回ますます楽しみです」

   「柄本・溝端の犯人説があるようですが。では私は美しすぎる秘書の中村ゆりに1票入れときます」

   最後にこんな声を紹介したい。

   「スタートダッシュをド派手に決めた流れを受けて、大きく揺れたストーリー展開をコミカルな要素を駆使して揺り戻し調整をしているみたいでした。人格の入れ替わりと刑事ドラマの謎解き。おそらく犯罪者側のボスキャラ的存在の人物が追加投入されるでしょう。2人の人格がいつ元に戻るのか。この2つの要素がどういった形で接点を持つのか。とにかくスケールが大きい物語だ。次回の奄美大島のスピリチュアルな展開が楽しみだ」

   (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中