2021年 2月 28日 (日)

「麒麟がくる」光秀は暗黒面に落ちたダースベーダーか?「帰蝶の爆弾告白が切なすぎる」「麒麟はやっぱり家康だ」「スターウォーズEP3のような重厚なクライマックス」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が1月31日(2021年)最終章を迎え、いよいよ次回の最終回「本能寺の変」への怒涛の展開に突入した。帰蝶に暗殺をそそのかされ、家康との絆も深まり、信長の暴走も頂点に達し、光秀はブチ切れてしまった。ネット上では、「信長のパワハラがひどすぎる」「光秀がつい暗黒面に落ちた」「十兵衛様のお気持ちよくわかります!あれじゃ私でも反逆します」と共感の嵐が巻き起こっている。

   

  • 「父・道三と十兵衛殿が作った信長様なら、十兵衛殿が壊しなさい」という帰蝶(NHK公式サイトより)
    「父・道三と十兵衛殿が作った信長様なら、十兵衛殿が壊しなさい」という帰蝶(NHK公式サイトより)
  • 「父・道三と十兵衛殿が作った信長様なら、十兵衛殿が壊しなさい」という帰蝶(NHK公式サイトより)

高倉健の耐えに耐えて堪忍袋の緒が切れる任侠映画のよう

   第43回は、もはや己の言いなりにならない正親町(おおぎまち)天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする信長(染谷将太)。その責任者を命じられた光秀(長谷川博己)は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。その木には信長が登っており、切り倒せば落ちて死んでしまう。この夢の意味は何なのか。

   光秀は目の病の療治のため京にやってきた帰蝶(川口春奈)に会い、「こんなとき斎藤道三様ならどうしただろうか」と尋ねる。すると、帰蝶の口から爆弾発言が。それは「毒を盛る。信長様に」という言葉だった。さらに「信長様は父・道三と光秀、そなたが作った。それが不首尾なことをするようになったら、作ったそなたが壊すよりほかになかろう」と暗殺をそそのかすのだった。

   一方、武田を攻め滅ぼしたことを祝い、信長(染谷将太)が安土城に家康(風間俊介)を招いて宴を開く。信長に暗殺されることを恐れた家康の希望で、光秀は饗応役を任されるが、祝宴の席で信長が急に「膳が違うぞ」と怒り出し、光秀を足蹴にする。滅多打ちの屈辱を味わう光秀は般若の形相で信長をにらみつける......という展開だった。

   ネット上ではこんな声があふれた。

   「後半のBGMと雰囲気、悲劇に向かって追い詰められていく感じが、スターウォーズ・エピソード3とそっくりに重なって、ちょっと不思議な感じだったなー」

   「光秀、信長、帰蝶すべてが新しく斬新だが、見事にはまった俳優さんたち。今回はかつての高倉健さんの耐えに耐えて堪忍袋の緒が切れる任侠映画のように光秀がついに切れる白熱の回でした。川口春奈さんも美しい分、底の深い怖さも最高の美。染谷さんも悪魔の化身、サイコパスから天下をとり、我を見失った狂気の信長を演じて何もかもがワクワク」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中