2021年 3月 5日 (金)

スマホGPSアプリで交際相手の位置監視は許せるか? 渋谷の若者は当たり前に使っているが

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   キャスターの国山ハセンが「スマホなどのGPSアプリで交際相手に監視されることを許せるという若者が3割もいました」とちょっと驚きながら報告した。18~30代の男女800人に聞いたところ、監視されるのを「許せる」10・3%、「やや許せる」15・6%だったというのだ。

   3割というのはいささ大げさで、4人に1人といったところだが、東京・渋谷で10代と20代の若者に聞いてみると、当たり前に使っていた。とくに、フランスで開発された「Zenly」というアプリが人気らしい。

   「みんな入れてますね」「待ち合わせなんかで使ってる」「浮気してるかどうか、毎日3時間ぐらいは見てる」「相手もやってるから、別に嫌じゃないですね」と話す。

相手の場所や滞在時間、バッテリー残量まで出るぞ?

tv_20210203123445.jpg

   Zenlyには、相手のそれぞれの場所の滞在時間、移動速度、スマホのバッテリー残量まで表示される。18歳女性は「遠距離恋愛なので、どこにいて何してるのかなあって予想できて、一緒にいる気分になれる」と話す。

   水曜レギュラーコメンテーターの井上裕介(NON STYLE)は「絶対反対! 内緒でプレゼントを買いに行こうとしても、サプライズが全部バレちゃうじゃないですか」と言い、弁護士の高橋知典は「絶対イヤですね。ただ、子どもたちは『あいつ、いまここにいるから、行って一緒に遊ぼう』というように使っているようです」

   キャスターの立川志らく「すれ違いのドラマなんて成り立たないね。まあ、自民党の議員に付けといたらいいんじゃないの」

   銀座のクラブ通いもバレバレになるというわけだ。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中