2021年 2月 28日 (日)

プロンプター初遣いの菅義偉総理。ヨイショする田崎史郎
<NHKニュース7>(NHK総合)

   ニュースから菅総理の記者会見になだれ込んだこの日、コロナでの緊急事態宣言延長記者会見を、ニュース7の中で続けて放送した。

   「あれっ」と思ったのは、いつも机のカンペを見てばかりの菅義偉総理が、今回はカンペを見ないで右に左に顔を向けて、1度も下を見ないのだ。「ははん」批判しまくった筆者も貢献したかなと好感。

   と、思ったのはヌカであった。緊急事態宣言の1か月延長を宣言して記者質問に移った途端である。男性記者が開口一番、「今日はプロンプターを初めてお使いですが・・・」と質問したのである。筆者は「やっぱり」と思い、どこまで行っても情けない総理だとがっくりしたのである。一国の総理大臣が、自分の頭で考えながら、自分で言葉を取捨選択して何故話せないのか。官僚や取り巻き達が書いた会見内容を、失言しないように話すだけなら、完璧な操り人形である。それならば、田舎臭い訛りの老人より、もっとカッコよくて、若いフォトジェニックな政治家に映ってもらいたいのだ。

   暗殺されたかつてのジョン・F・ケネディが、最後の演説をした際の姿を思い出す。初めて実現した日米のテレビ宇宙中継が、白黒のノイズだらけの画面で悲劇のダラスを映した中で、ケネディの演説部分も確かに映像で出た。何ともチャーミングな政治家の姿だった。

   しかし、意見は多様である。コメンテーターの田崎史郎は、「初めてにしては良かった」と菅のヨイショしまくり。それでも評論家か。(放送2021年2月2日19時~)

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中