2021年 6月 16日 (水)

日本に変異株持ち込んだかもしれない英・ロイター記者は退社していた!「news23」小川彩佳さんの夫が不倫相手に求めていた「口裏合わせ」の内容 コロナが一段落したら消費税15%への値上げ画策する菅首相と財務省

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   文春が報じた、夫・豊田剛一郎が結婚前から不倫していたことで、「news23」(TBS系)のMCを務める妻の小川彩佳は離婚するしか道はないようだ。

   それはポストが、豊田の不倫相手であるA子にインタビューして、彼女がこう話したからだ。

   「1月末のある日、週刊文春から取材が入った彼は、小川さんに隠し切れないと悟ったのでしょう。『これから妻にすべて話す。その過程で妻から君に電話があるかもしれない』と連絡がありました。 この時、彼から求められたのは、『結婚後は肉体関係はない』と口裏を合わせること。それが豊田さんのためになるなら、断る理由はなかった。何よりも小川さんにバレることが一番怖かったので、話を合わせるしかなかった。 その夜、小川さんと電話で話しました。怒りを必死に抑えていたのでしょう。冷静な声でした。『どういうことか説明してもらえますか』と。

   言われたとおりに、結婚後には肉体関係がない旨をお伝えしました。豊田さんが家に来た日は、『彼が家に置いていったゲーム機を取りに来ただけです』と言いました。

   小川さんはその説明を聞いて、『つじつまが合わない』と納得されていない様子でした。『ご自身の行動をどう思っているのですか』とも訊かれた。『浅はかで、誤解を招くものでした』とただただ謝ることしかできませんでした」

   続けて彼女は、「最後に、どうしてもお伝えしたいことがあります。今回、文春に私と彼のLINEのやりとりまで掲載されたことで、私自身でリークしたんじゃないかと疑っている人もいます。でも、私は絶対に違う。極めてプライベートなやりとりが表に出たことに、恐怖しか感じません」

   夫のさらなる裏切りを、ジャーナリストである小川が許せるわけはない。

   ところで、学生時代から9年間も「セフレ」がいたことを、当の本人にFLASHで告白されたNHKの"朝の顔"桑子真帆だが、そんな些細なことは気にせず、俳優の小澤征悦(46)との逢瀬を重ねているとフライデー報じている。

   「すでにお互いの両親に紹介し合っていると聞いていますし、近く結婚発表があるかもしれません」(NHK関係者)

   独立も囁かれる桑子だが、そうなればタモリが力になってくれると、文春が報じている。『ブラタモリ』のアシスタントをやり、タモリに気にいられてNHKの顔にのし上がっていった。独立と結婚が同時ということもあるのだろうか。

「ニュースウオッチ9」有馬嘉男キャスター降板は官邸の意向か?

   NHKといえば、噂されていたように3月いっぱいで「ニュースウオッチ9」の有馬嘉男が降板して、田中正良が新キャスターになる。有馬は菅首相が出演したとき、厳しい突っ込みをしたことで菅が怒ったといわれる。

   官邸の意向を忖度してNHKが有馬を降ろしたのではないか。もしそうなら、有馬こそNHKなど蹴っ飛ばして、フリーになってほしい。人材不足の『報道ステーション』は有馬のようなソフトで硬派なMCが欲しいはずだ。

   だが、あそこのトップは官邸ベッタリだから、無理だろうな。

   アメリカの男性誌『ハスラー』を創刊したラリー・フリントが亡くなった。78歳だった。わいせつ表現の自由を掲げて闘った生涯だった。

   2017年には「トランプ大統領の決定的なスキャンダル情報の提供者に賞金1000万ドルを贈呈する」という広告をワシントン・ポストに出して話題になった。

   Amazonプライム『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』の中で、プレイボーイ王国に、過激なヘア・ヌードで参入してきたフリントとの「戦争」が描かれている。

   私はヘフナーよりもフリントの"過激"さが好きだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中