2021年 9月 24日 (金)

「俺の家の話」長瀬智也の体を張った熱演に胸キュンの声!「最高の親子3代物語だ」「全員一丸のクドカンワールド」「長瀬君、思い出のIWGP池袋にお帰り」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

さすがクドカン、脇役が全員いい味を出している

   さすがクドカン、脇役が全員いい味を出しているという声が多かった。

   「脇の人まで面白い。なんだろ、伊藤修子さんがツボ。長州に長野に武藤、なんだお前ら。チャラけたラッパーの秋山が良いことを言ったり...。全部がいい味出している」

   「そうかー、踊介はサクラが好きだったのかー。嫌いなのかと思っていたら いつも暗い役が多い永山絢斗さんが、何気にいい味出している」

   「長瀬最後の作品ということで、しかもクドカン、さすがに長瀬の使い方をよく知っている。長州力を長州力として出演させ、コント演技のままのロバートの秋山もいいスパイス。西田敏行と長瀬のコンビは、タイガーアンドドラゴンとうぬぼれ刑事と今作で3作目。実にしっくりと合っています。そのなかでイマイチ不思議だったのが桐谷健太の配役。長瀬と雰囲気かぶってないか?同じ系統やん、と密かに思っていたのですが、なるほど腹違いの兄弟。だから桐谷健太か。そして長瀬の長男役はピッタリよね。25年も音信不通でも、この長男ならなんだかんだで家族から愛されるわと感じてしまう」

   介護をテーマにしている点にも共感の声が多かった。

   「認知症の父が若い女性に振られ、落ち込み、それを忘れて前のように楽しく過ごす、というくだりに、認知症って、人生の最後にそういうためにあるのかな、とふと思えました。実際介護する人は、そんな事思う余裕もないほど大変かもしれないけれど、自分の親がもし認知症になった時、そう思ってあげたいな、思えるといいな、と...」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中