2021年 6月 16日 (水)

山田真貴子広報官はお咎めなしですか? 7万4千円の飲食接待で何を食されたのでしょうか? 

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   総務省の幹部らが菅首相の長男が勤める東北新社から接待されていた問題で、総務省はきのう22日(2021年2月)、接待を受けていたのは計12人で延べ38回だったと発表した。首相の記者会見を仕切る内閣広報官の山田真貴子氏(60)も総務審議官時代に長男らと会食し飲食代は1人当たり約7万4203円だったという。

   幹部らは東北新社は利害関係者に当たらないと思い、利益を誘導するようなやり取りはないといっているが、総務省は国家公務員倫理規程に違反していたとみて24日に処分する方針だ。

   山田内閣広報官の処分について加藤官房長官は「総務省を退官し内閣広報官に就任した現時点では懲戒処分を行い得ない。国家公務員倫理審査会の結果などを見ながら対応する」といっている。

   長男は菅首相が総務相だったときに秘書官になり、その後に総務省と利害関係のある東北新社に就職。現在は子会社の取締役だ。

人事を握る菅首相、その長男なら「忖度」「萎縮」あるでしょ

   司会の羽鳥慎一「野党側は、官僚とすればリスクは高いことは分かっているが、菅氏の長男となれば、断れなかったのではないか、と追及していました」

   青木理(ジャーナリスト)「森友学園の問題と似ているところがあります。その時は首相夫人が登場して財務省が右往左往したが、今回は菅さんの長男。菅さんは官房長官の時に幹部官僚の人事を牛耳っており、忖度とか萎縮とかが広がっていました。官僚の行為は許されることはできませんが、こういう構図が背景にあるとすれば、相当根深い問題ですね」

   羽鳥「石山さんは仕事上、官僚の方と食事することもあるそうですが」

   石山アンジュ(パブリックミーツイノベーション代表)「私も政府の方と食事をすることもありますが、基本的には割り勘で5000円以下と先方から提示されることが多いので、何万円というのは考えづらいですね」

   羽鳥「接待は延べ38回、うち長男は20回。もうなにか、常態していたということではないでしょうか」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「そうでしょうね。いまのところ、政策がゆがんだことはないといっていますが、本当にそうなのか、ちゃんと調べなければいけません」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中