2021年 5月 9日 (日)

NHK-BSドラマ「逆転のスワン」が「泣ける」「感動」と静かな称賛! イノッチが地味なサラリーマン役好演、熊川哲也監修の本格バレエも「圧巻!」の声

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「最高に面白い」「涙ボロボロ」「熊川さん監修はさすが!」

   SNSでの感想をいくつか拾うと。

「民放でも新番組色々やってますが、今期はこれが一番面白い! 自分もバレエ習ってるので、興味しんしんで見始めましたが、少しコメディータッチも入って、有名なバレエダンサーが演技も上手い! 熊川哲也さんがバレエの監修ということで、さすが!って思いました。ストーリー的にも展開が早いので、見てて飽きません! 黒木瞳さん(編集部注:バレエ団主宰者)の綺麗な姿勢も大好き楽しみです」
「予定調和なんだけど本当泣ける。 瑞穂先生(黒木瞳)が亡き夫の不調時代に作っていた違う解釈の白鳥の湖、 悪魔役とは言え、瑞穂が夫へ捧げるべきであった愛のこもった作品で 高野(宮尾俊太郎)が拒むわけがないし、こんな光栄な事はない。 この素晴らしい作品が早く観たい、夫に捧ぐもう一つの白鳥の湖。 バレエが好きなので見始めたが感動の連続です」
「相変わらず、涙ボロボロ。 ぶつかり合っても、みんなバレエが好きだからこそです。 相変わらず、泣かせられる。黒木さんのダンスがチョット見られて嬉しかった」
「黒木さんの親心、高野さん(宮尾俊太郎)もズッと感謝の気持ちを引きずっていた。 美しい師弟愛に涙ボロボロでした。 白鳥の湖、素晴らしかったです。 高野さん、腰痛めて踊れなくなっちゃったらヤダな」

   21日(2021年2月)の放送では、ようやくチケット完売のバレエ公演にこぎつけたものの、会社の社長が交代し会社がバレエ団から手を引くという新たな危機が勃発する。来週28日は最終回。予告では、舞台公演で宮尾俊太郎が難易度の高い舞いを次々と成功させるが、舞台上で予期せぬ危機が続発し、上演の続行に暗雲が垂れ込める展開になるという。

   (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中