2021年 9月 25日 (土)

文春、新潮が東日本大震災から今日で10年の特集 「復興五輪」とぬかすのは100年早い! 「文春砲」がNTTから野田聖子、高市早苗・元総務相へのズブズブ高額接待を詳報...チクった「犯人」は誰だ?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

"孫正義憎し"で意気投合している菅首相とNTT社長

   そんな澤田を買っているのが菅だという。「菅さんと澤田さんはソフトバンクの"孫正義憎し"で意気投合している」(双方を知る財界人)。谷脇も、通信分野の競争政策をライフワークにしており、澤田とは10年来の付き合いだそうだ。

   携帯電話の料金をどこまで下げられるのか、NTT側の腹を探りたい谷脇、バーターでドコモを完全子会社化したい澤田との利害が一致したということのようだ。

   元東京地検特捜部検事の若狭勝弁護士は、「政務三役として職務権限を持つ者が接待を受け、その席で職務権限に絡む話が出ていれば、何も請託(お願い事)がなくても単純収賄罪に該当する可能性があります」といっている。

   元社長の鵜浦博夫は文春に対して、「俺、別にあんなんで何かモノ頼むとかしない!」と憤っているが、「あんた方が、あんなデータをどっから取ってくるのかのほうに不信感がある」と語っている。

   鵜浦がいいたいのは不信感ではなく、文春の取材力への驚きと、誰が通報者なのかを知りたいということだろう。反澤田の人間であることは分かるが、単独なのか複数なのか。どのレベルの人間なのか。

   文春が誌面で公開している接待当日の「会計情報」には、2018/09/20(木)18:30~22:30 3名とあり、和食コース 単価¥12,000。別の日には赤ワイン ¥135,000とある。両日ともに接待相手は谷脇だが、赤ワインがキスラーのピノ・ノワールと書いてあるわけではない。

   高市大臣(当時)の時には、「辛いものやメロンがNG」だと事務所から事前連絡があったと書いている。接待日と相手を知り得る人間、接待のメニューが何であったのかを知り得る人間、谷脇が5000円の領収書をもらったことを知り得る人間は誰かと推理すれば、複数の人間がいると考えるのが合理的であろう。

   文春によれば、澤田は菅と親しく、26年まで社長の座に居続けることを画策しているというから、それに反対している勢力があると考えても無理はない。

   NTT幹部たちによる総務省官僚接待疑惑は、NTTという巨大な企業の内部抗争へと広がりそうな予感がする。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中