2021年 8月 6日 (金)

「天国と地獄」連続殺人の「切なすぎる真相」はすべて日高の作り話?「日高は何度も入れ替わっている」「いや、陸の狂気の表情が怖い」「最終回のドンデン返しはスマホの中に」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   綾瀬はるかと高橋一生がW主演するドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)第9話(最終章)が3月14日(2021年)に放送され、彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の入れ替わりが元に戻り、連続殺人事件の謎が次々と明らかにされた。

   ネット上では「展開が切なすぎてつらい」「こんなに哀しい真相だとはーー!」という感想が相次いだ。また、彩子が河原(北村一輝)に逮捕されてしまい、「どうなるのか。来週まで待てない!」という声も上がった。

  • 彩子を盾に逃げようとする日高(TBSの公式サイトより)
    彩子を盾に逃げようとする日高(TBSの公式サイトより)
  • 彩子を盾に逃げようとする日高(TBSの公式サイトより)

日高が話す末期がんに侵された兄の「哀しい殺人」

   物語は、体が元に戻ると日高は彩子に真実を告白する。日高が双子の兄・東朔也(迫田孝也)と再会したのは、日高の会社で清掃員として働いていた東の丁寧な仕事ぶりに好感を持ったから。ある日、日高は東が双子の兄であると気づき、一緒に奄美旅行に行こうと誘う。しかし東は同居していた認知症の父に奄美行きのチケットを破かれ、さらに揉み合いになった拍子に父は階段から転落死。東は自身が末期のすい臓がんであることを告げる。

   東は不遇な自分を苦しめてきた法で裁けない悪人たちに制裁を加えて死にたいと吐露する。東は、殺人犯の十和田元(田口浩正)が書いたマンガと殺人のターゲットとなる人物のリストを残して立ち去り、次々と犯行を重ね、日高は共犯者として事件の証拠隠しに手を染めてしまうのだった。――こんな告白を奄美大島行きフェリーの中で聞いた彩子と日高の前に、同じく奄美大島行きの途中だった陸(柄本佑)と東が現れる。しかも、奄美大島の港では河原(北村一輝)ら捜査陣が待ち構えていた......。

   ネット上ではこんな声はあふれている。

   「もう来週が最終回か...。綾瀬さんも高橋さんも本当に演技がすごい。入れ替わったとき本当にお互いの役を演じきっていた。話し方とか癖とか走り方もガラリと変わった。周りのキャストも本当にいい。どんどんひきこまれて見ていたが、こんな切ない話になるとは...。どんな終わり方にするのか。ただただ悲しい終わりになるわけではないと思いつつ、東役、迫田孝也さんの悲しい演技が切なかった。迫田さんと柄本さん二人の演技もすごくよかった。あと1回でどう終わるのか。東の残したSDカードが気になるな」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中