2021年 5月 18日 (火)

大河「青天を衝け」井伊直弼登場で面白くなってきた!「茶花ポン直弼のキャラが可愛い」「スイッチが入った慶喜やる気満々じゃん」「来週からの幕末動乱が楽しみ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

井伊直弼のキャラに可愛げがあり、ちっとも悪役に見えない

   「岸谷さん、草彅さんが良かった。大河直虎ファンとしては少し複雑だが、それも含めて本作の井伊直弼は面白い。キャラに可愛げがあって、ちっとも悪役だとは思わない。今後も今回のような感じで進めて欲しい」

   「20年以上前の大河『徳川慶喜』では、杉良太郎がそら怖ろし気な貫禄で、堂々と井伊直弼を演じていたが、このドラマでは、まったく真逆なキャラになっていて、興味深かった。どちらが実像に近いのか知らないが、ステレオタイプの井伊じゃないところがよかった。それと、その井伊に果敢に意見する慶喜も、やはり本木雅弘が演じていた慶喜とは違って、これまた面白かった。意外にホンネでは幕政にコミットしたがっている慶喜なわけね。井伊に『登城禁止』を言い渡されたときの、なんとも言えない表情がよかったよ」

   「今日は井伊大老が主人公だった。なんか栄一と千代の祝言がかすんでしまった感じ。でも今は慶喜目線のパートの方が観ていて面白い。栄一目線は庶民のハナシなので、はっきり言ってドーでもいいようなストーリー。あの日米修好通商条約は掃部頭が事後承諾したってホントなの?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中