2021年 5月 18日 (火)

大河「青天を衝け」井伊直弼登場で面白くなってきた!「茶花ポン直弼のキャラが可愛い」「スイッチが入った慶喜やる気満々じゃん」「来週からの幕末動乱が楽しみ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

暗愚と言われた家定の意地、悲哀が伝わってきた

   最後にこんな声を紹介したい。

   「全ての始まりが日米通商条約。脅しすかしで不平等条約。日露戦争後まで条約改正で苦労する日本、安政の大獄でも多くの血が流れた。『畏れ入り奉ります』の井伊大老の返答が文字通りの畏れ入りから、徐々に高圧的に変わるさま、『さもありなん』の感じかな。暗愚と言われた家定にも意地があり、見下される気持ちもあり。能力ないのに、トップの立場に立たされる悲哀とコンプレックスほど怖いものはないね。『花の生涯』以外じゃ悪役の井伊直弼の忠義、譲ったつもりの慶喜が見せた激情。2人の相思相愛を察して身を引いた喜助さんみたいには上手くいかないのだね」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中