2021年 4月 15日 (木)

阿部祐二「子どもたちの声は?」 道庁のパワハラ調査姿勢に不信感

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「こういうときに、教師から必ず出てくるのが『指導の一環』という言葉です」

   説明会の後、阿部が担当職員にパワハラを認めないことについて質問した。道職員は「事実でないことの上に物事が進んでいく一方で、それも大変なことだと思っております。他部署とも吟味しながらやっておりますので、ご理解いただきたい」と、パワハラは事実でないといわんばかりだった。

   阿部「教師はそのつもりでなかったと言っているからということなら、子どもたちの声はどう捉えているんですか」

   道職員「ハラスメントのくくりではなく、指導が適正であったか否かという観点で、事実確認して対応していきたいと思ってます」

   さらに、学院の事務局長は「答えられる状況にない」と逃げた。阿部は「自主退学、自主休校が起きているのに......。こういうときに、教師から必ず出てくるのが『指導の一環』という言葉です」と怒る。

   司会の加藤浩次「学生たちがパワハラととらえているなら、指導にはならないと思いますけどね」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「(学校も北海道庁も)逃げているとしか思えない。第三者委員会が調査したほうがいい」

   ブラック校則もそうだが、いま学校では「指導という名のパワハラ」が横行している。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中