2021年 4月 23日 (金)

「社内の体質に絶望」で退社決意 新社会人が見た女性社員への言動

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

    「新年度始まったばかりですが、なんと、早くも会社を辞める新社会人が相次いでいる、ということです」ときょう9日(2021年4月)の「モーニングショー」でMCの羽鳥慎一が伝えた。背景には、コロナ禍での就活事情があるようだ。

  • 面接も入社式もオンラインという人も。
    面接も入社式もオンラインという人も。
  • 面接も入社式もオンラインという人も。

「オンライン面接の影響」とは

   SNS上では最近、「私もキラキラした社会人になれると思ってたけど、こんなにブラックだとは思わなかった」などと、数日間で会社を辞めた新社会人の悲痛な声が次々と投稿されている。番組が街で取材した40代のサービス業の男性は「新卒は3人で、(辞めたのは)2人。情けないですよね」とあきれた口調で話していた。

   オンライン面接のみで就職した販売会社を退職した22歳の女性は、番組の取材に「男性社員が女性社員に『自分の立場をわきまえろよ』と怒鳴っているのを聞いて、社内の体質に絶望した」。また、面接も入社式もオンラインだったという食品製造会社を退職予定の20歳の女性は「研修もなく、『あなたの担当はこれ』と仕事を任された。右も左もわからないのに...」と不満を漏らしていた。

   就活コンサルタントの高田晃一氏によると、コロナ禍で増えたオンライン面接の影響で、採用のミスマッチが増えているという。「オンライン面接は自宅で受けるため、自分がその会社で働くイメージをしにくい。入社後初めてネガティブな部分に触れて驚く新社会人も多いということです」と斎藤ちはるアナウンサーが伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中