2021年 6月 20日 (日)

中山美穂が演じる「稀代の悪女」 主演・松下奈緒はどう立ち向かう?
月曜プレミア8「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」(テレビ東京系 4月12日月曜放送)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大学の研究室で脳の記憶のメカニズムを研究する『特任准教授』の肩書を併せ持つ弁護士・海堂梓(松下奈緒)は、「裁判は、勝った方が真実」「記憶は塗り替えられる」が信条で、目撃者や容疑者の『記憶』を手掛かりに、時に強引に脳科学を駆使して裁判に勝利する異色の弁護士だ。

   海堂が所属する「真実一路法律事務所」の所長・鹿島憲太郎(奥田瑛二)は、「裁判では真実を追求し、正当な判決を受けさせるべき」と主張する40代の新米弁護士・斎田誠(佐藤隆太)を海堂のアシスタントにつけた。鹿島は時にアウトローや現役刑事からも情報を仕入れ、そんな正反対の考え方を持つ2人をアシストしていく。

  • テレビ東京系の「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」番組公式サイトより。
    テレビ東京系の「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」番組公式サイトより。
  • テレビ東京系の「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」番組公式サイトより。

裁判は大荒れに

   そんな折り、彫刻家・冬川忠司(平原テツ)が自宅で殺されているのを、娘・楓(新井美羽)が発見。この殺人事件の被告・冬川沙也加(中山美穂)が、海堂に弁護を依頼してきた。過去にも沙也加の夫2人が不審な死を遂げており、世間で『稀代の悪女』と騒がれている話題の人物だ。

   拘置所に接見に訪れた海堂と斎田に、沙也加は「私、殺したの」「無罪にできる?」と不敵な笑みを浮かべ、海堂に挑戦状を叩きつける。

   沙也加は果たして、本当に3人の夫を殺した『稀代の悪女』なのか? 有力な弁護材料が集まらないうちに裁判が始まると、沙也加は海堂に追い打ちをかけるように法廷で衝撃発言をする。おまけに、新たに不審死を遂げた者まで現れ、裁判は大荒れに荒れる。

   そんな中、海堂は大脳の奥にある「前部帯状回」という領域に着目し、沙也加の不可解な言動の裏にある感情的な葛藤を読み解いていく。そして、海堂が出した結論は......。(よる8時放送)

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中