2021年 6月 13日 (日)

「青天を衝け」桜田門外の変に賛否激論!「素晴らしい映像美」と称賛の一方「物足りない。小学生向けマンガ日本史」と批判。そして「朝ドラ的大河だから楽しい」の声も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

"大河のような朝ドラ"「朝が来た」をひっくり返した大河

   しかし、その「朝ドラ」的なところが良いのだという声も多いのだ。

   「栄一周辺の描写も楽しめました。あの時代の豪農には関東地方に限らず、本当にあんな情景があったかもしれないと思わされました。面白かったです。 朝廷も良かったです。笑福亭鶴瓶の岩倉具視の数千倍、良い岩倉でした(笑)」

   「『青天を衝け』は、大ヒット朝ドラ『あさが来た』の脚本家である大森美香さんを迎えたことで、凄く『大河ドラマのような朝ドラ』だった『あさが来た』をひっくり返したような『朝ドラのような大河ドラマ』になって、とても親しみを感じる。何より主人公の栄一くんを、真っ直ぐな好青年として描いていることで、朝ドラヒロインが背負っていた純真無垢さを男性主人公によって体現することに成功している。だから、今回の大河は非常に楽しむことができる!!」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中