2021年 11月 30日 (火)

米メディアも「メロメロに」 早藤キャディーの「一礼」に称賛

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「きのう(2021年4月12日)、マスターズ制覇という快挙を成し遂げた松山英樹選手。優勝を決めた直後、松山選手のキャディーが帽子を取って一礼し、その行動に世界中から称賛が送られています」とMCの谷原章介が伝えた。

  • ゴルフの松山英樹選手の「後輩」にも注目が集まっている。
    ゴルフの松山英樹選手の「後輩」にも注目が集まっている。
  • ゴルフの松山英樹選手の「後輩」にも注目が集まっている。

「自然に出たもの」

   「めざまし8」が注目したのは、早藤将太キャディー(27)。「コースに一礼」という行動には「敬意を表したお辞儀」(米・スポーティングニュース)、「優勝者のキャディーの素晴らしい行動にスポーツ界がメロメロになった」(米FOXスポーツネット)、「松山英樹のキャディーは日本の感動的な勝利を象徴している」(米・CNN)などなど、海外メディアが絶賛している。

   優勝から7時間後、「めざまし8」はビデオ電話で早藤キャディーに取材。「一礼」のことを聞くと、早藤キャディーは「自然に出たもの」とはにかんだ。

   試合については「(松山)プロがやるべきことをちゃんと準備して、彼の経験がすごく生きた4日間だったと思います。驚くようなプレーとか奇跡の1打みたいなものはなかったけれど、流れが切れそうなパットを全部決めきれていたのが優勝につながったのだと思います」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中