2021年 6月 18日 (金)

ヤングケアラーの実態知って 平日「7時間以上、家族の世話」も1割

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「存在を知ってもらい、子どもたちも学ぶ機会を持つことが大切」

   自分がヤングケアラーだと自覚がないケースも多く、家庭内のことなので表面化しにくいという問題もある。

   大阪歯科大学の濱島淑惠教授は「なかなか理解してくれる人が周りにいないことで、孤立し孤独になってしまうことが大きな問題」と指摘。また立正大学社会福祉学部の森田久美子教授は「まずヤングケアラーについての存在を知ってもらい、子どもたちも学ぶ機会を持つことが大切です」と話している。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中