2021年 5月 8日 (土)

寒暖差疲労にご注意! 今の季節、イライラの原因かも

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「きのう(2021年4月20日)、東京都内では今年初めての夏日になったところがありました。きょうは1日の気温差が東京で15度近くに。寒暖差による体調不良に注意してください」とMCの谷原章介が呼びかけた。

   街ゆく人たちに聞いてみると、突然やってきた暑さのせいで3つの悩みが見えてきた。

  • 暑くなってくるけれど…
    暑くなってくるけれど…
  • 暑くなってくるけれど…

「マスクの蒸れ」に関する悩み

   1つ目はマスクの蒸れ。「就活で面接時だけマスクを外してくださいと言われることがあるので、汗をかいてお化粧が崩れちゃった状態になっているのではとドキドキします」(20代就活生)、「汗をかいて(マスクの中が)びちょびちょになってしまって結構大変です。常にマスクの替えを持っていて、1日に2~3回は交換します」(50代女性)。

   街の人のマスクをサーモカメラで比較してみると、黒いマスクと白いマスクで大きな差が。白いマスクは気温とほぼ同じの25度ほどだったのに対し、黒いマスクはおよそ30度にまで上がっていた。マスクを変えるだけでもずいぶんと違いがありそうだ。

   街の人の悩み、2つ目は「何を着ればよいのか」、3つ目は「寒暖差による体調不良」。この2つの悩みに気象予報士の天達武史が答えた。

   天達「きょうは湿度がすごく下がっているんです。このままいくと関東から西はことし1番乾燥した1日になりそうなんです」

   番組冒頭から干していたというタオルは、天達がフジテレビ前からリポートした時点(午前9時ころ)には完璧に乾いた状態。ここで服装に関するポイントが紹介された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中