2021年 11月 29日 (月)

<おちょやん>(第110話・5月7日放送)
NHKスタッフ大慌て 未完原稿を手に千代は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「お父さんはお人好し」の1時間特別版の放送当日。NHK大阪放送局ではスタッフが大慌てしていた。脚本家の長澤(生瀬勝久)は盲腸で入院したままで、原稿は未完成だったからだ。千代(杉咲花)や当郎(塚地武雅)は、なんとか本番に向け今あるものでなんとか練習していた。

   放送30分前、最終原稿を持った長澤が現れた。

   千代「おおきに。助かりました」

■戦争未亡人に焦点

   千代たちはすぐに放送準備に取り掛かった。

   この日の物語は、戦争で大陸に渡った夫と終戦後も音信不通だった次女・乙子に医者との縁談が持ち上がるというものだ。戦争未亡人に焦点を当てた話にラジオの前の聴衆は聞き入った。

   栗子(宮澤エマ)もその1人だった。自分の人生と物語を重ね合わせて聞いていた栗子だが......(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中