2022年 6月 28日 (火)

中川・医師会長は辞任すべき? 資金パーティーは「不要不急」指摘

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本医師会の中川俊男会長が4月20日(2021年)に、自身が後援会長を務める自民党参院議員の政治資金パーティーの発起人として参加していたことがわかり、きのう5月12日に会見した。中川会長は「心配をかけて申し訳ない。緩みは全くなかったが、時期が悪かったと思う」と事実を認め謝罪した。

   これまで国民一人一人、政治家に対しても行動を変えるように何度も訴えてきた中川会長が参加したのは自民党の自見英子参議院議員のパーティーで、会場は都内のホテル宴会場。会費は2万円で、一部はオンライン参加だったものの、医師会幹部らを中心に約100人が参加し、朝8時から1時間ほど行われたと、文春オンラインが報じ、「めざまし8」も取り上げた。

  • 「国民に自粛をお願いする立場にある人」が…(写真はイメージ)
    「国民に自粛をお願いする立場にある人」が…(写真はイメージ)
  • 「国民に自粛をお願いする立場にある人」が…(写真はイメージ)

写真を見て「疑問が見えてくる」

   パーティーが行われた4月20日は、東京でまん延防止等重点措置が実施中で、3日後には緊急事態宣言の発令が決定するというタイミングだった。中川会長は「ホテル側と事前に協議し、ガイドラインに基づいて開催したもの。検温、手指消毒、マスク、距離への対策を講じ、食事の提供はなかった」と感染対策を行ったことを強調した。パーティーを主催した自見議員も陳謝した。

   MCの谷原章介は、SNSに投稿されたパーティー会場の写真を見て「疑問が見えてくる」と指摘。750人収容できる会場で100人の参加者だけがいたという割に、写真に写る参加者の後ろ姿は互いの距離が近いように見える。アクリル板は見えない。

   中川会長はパーティーの翌日の定例会見で「変異株の恐ろしさが十分に周知されていない。一部の方に慣れや緩みが出ている」と話していた。この日の東京都の感染者数は711人で、感染拡大が心配されているさなかだった。

橋下徹「辞めるべきではないか」

   谷原は「中川会長は対策をしていたというが、その次の日の会見で一部の人の緩みで感染が拡大していると言う一方で、前日に100人規模のパーティーを開くというのは道義的にどうなのか」とコメント。

   永島優美アナも「医療従事者のトップがこういう行動をとるのは、どういう気持ちからなのかと思う」と話す。

   教育評論家の尾木直樹は「ルールを守って開催したというのはわかります。ただ、医師会トップと言う立場を忘れてしまったことが残念です」とコメント。

   元大阪府知事の橋下徹は「ルールは守っているけど、僕には不要不急なものだったと思える。中川会長は人流を全部止めると言い続けていた人なので、今回みたいなことがあると国民は提言を聞かなくなる。能力とは関係なく、辞めるべきではないか」と言い切った。

   昭和大学医学部の二木芳人客員教授も「国民に自粛をお願いする立場にある人なので、理解を得られなくなる部分がある」とコメントした。

(バルバス)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中